農家の晴耕雨読

農家の晴耕雨読
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

私も30代に入ったあたりから最大15kgも太ってしまい、なんとかしないとなぁと漠然と思っていたのですが外じゃストレスで過食気味、家じゃ飯が美味くて過食気味で痩せる気配なしでした。ところがあるプロジェクトのために1年間単身赴任をすることになり、ついでにチャレンジしてみましょうということでやってみました。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

アフリカでほそぼそと暮らしていたホモ・サピエンスが、どうやって食物連鎖の頂点に立ち得たのか、文明を築いたのはどういういきたつでそうなったのか、その答えを解く鍵は「虚構」にあると投げかけられています。 サピエンスだけが、多数の見知らぬ...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

カラー図解 免疫学の基本がわかる事典

免疫とは疫病から免れる事。そこから免疫が誕生しました。本書では免疫学の基礎知識に始まり、免疫システムの仕組みではリンパ組織が免疫系を育てている話やマクロファージの働きなど上手く整理されて非常にわかりやすかったです。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

ジェフ・ベゾス果てなき野望

 これまでAmazonで本を買ったり売ったりしてきた中でAmazonの経営についてはさほど興味を傾けておりませんでしたがAmazonの傾斜ベソスの注目度は日増しに高まっています。そこでミーハーな私としましてもこれは読んでおかなくちゃということで本を購入。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

社長の心得

良い会社とは何か?社員の仕事とは何か?本書では社長が持つべき心得をさまざまな角度から述べられています。長く成長し続ける会社の社長の条件とは何でしょう?
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

会社はどこまで従業員の求めに応じる必要があるのか

 私は雇われる側の経験もありますし、雇用する側の立場でも考えるのですが最近よく話題になることの多いブラック企業って一体何でしょう?一般にはハローワークの求人欄に周年募集があるとか事前に判断がつくケースもありますが実際には入社してみないと事実はわかりません。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

ケンズカフェ東京。元々はレストランでしたが、今では売っている品はガトーショコラ1品のみ。うちの奥さんがガトーショコラが好きなので出張の時にはお土産として買って帰りたい一品となっています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

内向型人間のための伝える技術

わたしは生産よりも口がうまい農家として農業生産法人の代表取締役をさせていただいておりますが実はすっごく内向型人間なんですよ。私を知る人は誰もそうは思わないと思いますけどね。笑
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

ディズニーの片づけ

 本書を読むきっかけはわたしの経営する農業生産法人でJGAPという「日本の良い農業の仕組み」を取り入れて安心・安全を自らが謳うのではなく、第三者認証機関によってより踏み込んだ農業経営をしたいと考えたからです。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

リーダーに必要なことはすべて「オーケストラ」で学んだ

本書の著者はプロの指揮者として活動しながら大手企業などで管理職向け研修の講師も務めているという方。わたくしどもの農業生産法人も農業体験を通じて管理者講習やチームビルディングのお手伝いをさせていただいておりますが異業種から学べることって結構おススメです。
スポンサーリンク