農業を楽しむ雑誌

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2014年 04月号 [雑誌]

 本号の特集は「春、今年は排水のいい畑にする」ということで農家さん皆さんお悩みの部分だと思います。 20年前に比べてゲリラ豪雨(1時間に80mm以上)の回数が倍増しています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2010年7月号(173号)

不景気による消費低迷、人口減によるマーケットの縮小……と、国内における事業経営は厳しい状況が続いている。高品質の果てなき追及や、熾烈な価格競争で体力を消耗する経営体が多い中、「人の行く裏に道あり花の山」の言葉があるように、ライバルのいないニッチなマーケットを創出し、ひとり勝ちするケースもないわけではない。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2008年5月号(147号)

過疎の中山間地に経営の可能性を見つける!獣害の多発地で15haの水田作業をほぼ一人でこなし、大幅なコストダウンを実践する効率的な経営手法は山仕事で学んだ無駄のない作業習慣から生まれた。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2009年9月号(163号)

水稲および各種野菜の直売、レストラン経営。さらにトマトジュースやスィーツゼリーなどの商品を全国に販売する㈱谷口農業。今でこそ2億9千万円を売り上げる、北海道を代表する農業法人のひとつに成長しているが、一時は農協から離農勧告を受け、全資産処分の同意書に署名を求められるような事態に陥ったことがある。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2013年 10月号 [雑誌]

ケイ酸は作物を覆う「ヨロイ」、カルシウムは作物の細胞骨を強化。気象変動が激しい今、作物を頑丈にするケイ酸とカルシウムに注目。農家の身近なケイ酸資材の代表モミガラ。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2012年 09月号 [雑誌]

本号は塩VS糖 「糖はエネルギー源、塩が酵素を活性化が特集記事。塩と糖があれば、作物も微生物も人間も、みんな元気に!」 う~ん元気になりたいっ
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2012年 12月号 [雑誌]

本号はご飯のお供に、お茶漬けに、みんな漬物大好きって特集。簡単・短時間でできる漬物のバラエティが増えて人気は急上昇!短気は漬物向き!?浅漬けだと、午前中に漬けて、夕方袋詰めして、次の日に売る、これを繰り返す。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2011年 11月号 [雑誌]

実りの秋。柚子は、身体にいい機能性成分や美容効果で最近とくに注目の的。カキは、昔から「柿が赤くなれば医者は青くなる」といわれるほどの健康果実。「ユズラー」が続出!?ユズの健康効果
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2014年 03月号 [雑誌]

本号の特集は早春のこの時期、早出しや霜除けなどには欠かせないマルチとトンネル。さまざまな効果をねらった選び方、使い方から片付け方まで、農家の使いこなし術を大公開。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2011年 08月号 [雑誌]

本号はいま、昔の農業をヒントにするというテーマが特集されています。トラクタはもちろん、肥料・農薬、電気や燃料も今のように豊富ではなかった時代、農家は、作物やそのまわりの自然をよく観察していた。道具を工夫して、あるもの(自然力)をうまく活かす農業。
スポンサーリンク