農産物

52週アグリMD生産工程管理システム

見積の目安を与え、S字カーブを考慮する

次に、担当者の工数見積もりの制度の問題があります。 栽培プロジェクト農産物のPVを作成するときに、農産物の単品ごとに担当者が予定作成工数を見積もります。 その時、目安となる平均工数を担当者にぜひ知らせておく必要があります。 ...
52週アグリMD生産工程管理システム

スケジュール・ベースラインの作成

それでは、栽培プロジェクト進捗管理の詳細を説明します。 マスタースケジュールは、いままでの説明のように完成しているものとします。 実現性は保証されていないのですが、マスタースケジュールを展開したチーム・スケジュールが存在すると...
52週アグリMD生産工程管理システム

ケース3:業務スキル不足で遅延発生

栽培プロジェクトの進捗で遅延が発生する理由の1つに、栽培プロジェクトに参加した担当者の業務スキル不足が挙げられます。 栽培プロジェクト体制は与えられた規模の開発を進めるには十分で、開発期間と要員数も確保されているとします。 そ...
52週アグリMD生産工程管理システム

ケース4:農産物の総数管理がないので、進捗管理が無駄になる

栽培プロジェクトは、途中でベースラインとの乖離に直面するのが常であるが、ベースラインそのものも頻繁に変化を強いられます。 特に変更案件が発生すると、栽培プロジェクト農産物の数や生産工数は変化します。 それが栽培プロジェクト進捗...
スポンサーリンク