技術と知識を磨け

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農作物病害虫 診断ガイドブック

静岡県では、恵まれた自然や経済的な条件を活かし、消費者のニーズに沿った多彩な農業を展開するとともに常に新鮮で高品質な農産物を生産してまいりました。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜園芸大百科 先端技術 品質・鮮度、養液栽培、施設・資材、バイオテクノロジー

野菜の品質が今日ほど問題にされている時代はありません。しかも、大きさや形、色といった外見による品質だけでなく、味や栄養価、あるいは安全性というように食品としての品質が問題にされているところに現代の特徴があります。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

花木・庭木・家庭果樹の病気と害虫

古来から花木の代表的な地位を誇っているサクラも『虫がよく付くから』といって敬遠されがちであり、また、近年、庭木としてよく植栽されているハナミズキも、うどんこ病その他数種の病気に侵され、この樹本来の存在感が失われつつあるような気がしてなりません。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜園芸大百科 第2版

『野菜園芸大百科』の第1版が発行されてから15年。この間、野菜をとりまく状況は大きく変わりました。現代はまさに食味と安全が野菜の品質の中心課題になっています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

植物医科学実験マニュアル 植物障害の基礎知識と臨床実践を学ぶ

わたしの経営する農業生産法人では独自のラボで植物の病理研究や土壌分析、成分分析なども行っている。そんな中でいつも参考にしているのが本書である。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

根菜類の栽培技術

本書の著者である東京近郊野菜技術研究会は、昭和33年7月、関東を中心にした核と軍の野菜を担当する専門技術員および農業改良普及員の有志によって結成された自主的な研究団体です。 関東地方の野菜は、平野部から中山間高冷地まで変化に富んだ産...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

まるごと楽しむサツマイモ百科

「サツマイモ掘り」は歳時記、秋の季語。稔りの秋には、幼稚園、小学校、あるいは地域の集いは「イモ掘り」と「落ち葉を集めて焼きいもつくり」。 それは秋の深まりを告げるほのぼのとした行事として毎年新聞紙上をにぎわす。 年配の方には、...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

ナス栽培の基礎と実際

ナスをはじめと多くの農産物のつくり手が少なくなりました。 ナス栽培は単位面積当たりの収穫量が多く、収益性が高い、可能性の大きい品目です。 しかし、ナス栽培技術は上手な農家とそれ以外の農家に大きな差があります。 多くのナス...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜の土壌病害 その発生のしくみと防ぎ方

わたしは農家として農業生産をおこなっているわけであるが当然、土壌病害に対して敏感になった時期もある。 そのメカニズムも理解できるようになり比較的、悩まされることはなくなったがそのためには知識が不可欠だ。 そこで良書を紹介したい...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜の上手な育て方大辞典

野菜づくりでは、まず、栽培する野菜の種類・量(株数)・時期・栽培する場所などを考えることが大切です。 これを作付け計画といいます。 菜園プランのポイントは、連作生涯を避けるために、連作をしない。 そうはいっても、同じ野菜...
スポンサーリンク