コンパニオンプランツ

超多収のためのアグリハック

春夏野菜のコンパニオンプランツのアグリハック

コンパニオンプランツとは、お互いの生育を助けあって、病害虫などを予防する効果などがある作物のことです。同じ場所で複数の作物を育てる「混植」、作物の畝間に異なる作物を育てる「間作」などのいろいろな栽培法があります。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪メロン×ヒマワリ≫

メロンはやや浅い位置に根を伸ばし、水はけのよい土壌と乾燥した気候を好みます。 このため、温室やビニールトンネルで栽培されることが多くなり、品質のよい果実の収穫が難しく、病害虫発生が懸念される露地栽培は難しいとされます。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪九条ネギ×ラッカセイ≫

わたしは京都を中心に畑作をやっているのでここでは九条ネギとなっていますが根深ネギなどでも構いません。ネギとラッカセイというのは共に水はけのよい砂土壌を好みます。根は菌根菌と共生するのでミネラルを集めるのが得意な作物です。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪ナス×インゲン≫

ナスは深い位置まで根を伸ばしていきます。お日様の光が大好きで、水分や肥料分をとても多く必要とします。一方で浅い位置に根を伸ばすインゲンは、半日陰でもよく育ちます。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪ブロッコリー×ショウガ≫

わたしの畑では契約栽培でウコンを栽培しています。少量のためにショウガも栽培しておりまして何かいいコンパニオンプランツはないかなぁと考えていました。まずショウガというのは熱帯アジアが原産で高温と水分を好みます。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪サトイモ×ニンジン×ダイコン≫

わたしが農家として畑作を営む京都の丹波でサトイモといえばエビイモのことです。「べにはるか」という品種のサツマイモを産地化させたのでサツマイモを掘る機械を買ったわけですがこれを使い倒さないと勿体ないわけです。というわけでエビイモもやっちゃお...
超多収のためのアグリハック

九条ネギを混植することでキュウリの連作障害を予防できる!

今回は京都の伝統野菜の九条ネギの根に生息する拮抗細菌が病気を予防することを利用してキュウリとの混植方法をご紹介します。キュウリは家庭菜園でも作りやすい定番野菜の一つですが、うどんこ病、べと病、つる枯病、褐斑病などの病害に弱く、アブラムシが好んで寄生します。
スポンサーリンク