アグリハック

超多収のためのアグリハック

超多収するためのアグリハック

わたしは栽培方法という枠組みではなくアグリハックという手法でよい品質という出口にのみ向かって作物を作っています。
超多収のためのアグリハック

多かん水だからこそ濃度障害にはならない

前回に引き続いて作物の多収技術に関するアグリハックをご紹介したいと思います。土壌中の水は重力と密接な関係にある毛細管現象によって土壌中を移動します。
超多収のためのアグリハック

トマトの生理障害をハックする

トマトを育てていると尻腐病や裂果などの障害から思った以上に収量を落としてしまって残念な思いをされたことがあると思います。 わたしも今までいろいろトマトの品種の栽培を手掛けてきました。 露地栽培で育てるソバージュ栽培なんかでは裂果をどうしても克服できませんでしたが解決の糸口がやっとみつかったところです。
超多収のためのアグリハック

トマトの生理障害をハックするパート2

前回のコラムでお伝えした内容と冒頭重複しますが今回は水分コントロールの側面からトマト栽培をハックしたいと思います。
超多収のためのアグリハック

露地栽培の万願寺とうがらしにアグリハック

伝統野菜の栽培については伝統に対して敬意を払いつつも高度のマーケティングを加えれば価格競争が起こりにくい商材です。その商品としての魅力をいかに生産していくかについての【アグリハック】をご紹介しています。
スポンサーリンク