必ず成功するブルーベリー栽培の秘密

ブルーベリー栽培の気候条件、4つのポイント

前回は「ブルーベリーの栽培は品種ではなく種類で選択する」と題して、ブルーベリー栽培をおこなう上で一般的な知識として、どのような品種があるのかを解説しました。今回は、日本のブルーベリー栽培における適地適作について、さらに深掘りして解説させていただきたいと思います。
必ず成功するブルーベリー栽培の秘密

ブルーベリー栽培は品種より「種類」で選択しよう

ルーベリーはツツジ科スノオ属シアノコカス節の低木植物で、野生種は熱帯山岳地帯から温帯、および亜寒帯に広く分布しています。園芸作物として用いられるブルーベリーは、アメリカ大陸の北東部から南部のフロリダ州までかなり広い範囲の気象条件の地域に自生している数種類の野生種が改良されたものです。
美味しい食べ物の育て方

農家が土壌学で知っておくべき3つのバランス

わたしたち農業に関係する人間にとって土壌といいますと作物を育てる肥沃な土地というイメージをもつかもしれません。しかし土壌とは本質的な意味において全く違うものなのです。学校で習ったことの復習になりますがメソポタミア文明は肥沃な土地で文明を発展させた歴史を持っています。
10倍儲かるナスの栽培アグリハック

私のナス栽培の原動力

 私は現在、フリーランスのコンサルタントとして主に上場企業の新規事業などを受託したり、海外法人設立のお手伝いやフライング・ファーマーとして海外で活動するほか、地方創生事業であるブログ「コト起こし未来塾」にて地方で起業やキャリアを考える社会人に情報発信しています。
晴耕雨読(書評)

仕事も人間関係もうまくいく 「気遣い」のキホン

本書は元ANAのCAが4500回のフライトで身につけたしいさな”秘訣”を教えます!そんなことが帯に書かれています。人間関係って本当にどのようなスタンスがいいんでしょうね。
晴耕雨読(書評)

思考は現実化する

正直いって胡散臭いと思っていた本書 しかし、年齢を重ねて仕事のなんたるかを理解しているうちに本書で言いたかったであろう本質について腑に落とすことができるようになりました。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由

私も30代に入ったあたりから最大15kgも太ってしまい、なんとかしないとなぁと漠然と思っていたのですが外じゃストレスで過食気味、家じゃ飯が美味くて過食気味で痩せる気配なしでした。ところがあるプロジェクトのために1年間単身赴任をすることになり、ついでにチャレンジしてみましょうということでやってみました。
晴耕雨読(書評)

会話がとぎれない話し方66のルール

仕事柄、色々な人と話す機会が多いので途切れることはないのですが、自分のことが知られていないような場にいって話そうとするといきなり話せなくなるという事があって実は悩んでいます。

晴耕雨読(書評)

大人もハマる地理

地理なんてもうずっと勉強してないで現在に至ります。あれから世界情勢も変わり、あの頃の地理と今の地理は違う部分もあるかもしれません。子供もそろそろ地理を習ってくる頃、会話が楽しくなるように予習しておくかが半分。
晴耕雨読(書評)

英語の神様

私の農業生産法人は海外にも展開させていただいているので英語で話したり、プレゼンをする機会も多いのですが、感情とか伝えたいことってピタリ当てはまって伝えれていないときはもどかしさを感じたりしています。

スポンサーリンク