年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農家が教える ジャガイモ・サツマイモつくり

一般的な顕花植物は、花を咲かせて実を着け、種子を拡散して、種を存続しようとする。 しかし、気候変動や自然災害で、うまく定着できないこともある。 そこで、ジャガイモやサツマイモなどは、種子だけでなく、地価の茎や根に養分やエネルギ...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

青果物流通システム論のニューウェーブ

青果物をめぐる流通システムはこれまでなかった構造変革期を迎え、これまでの主たる担い手であった卸売市場と系統共販は輸入農産物の増加と市場外流通の拡大によって大きな改革を迫られてきている。 本書は青果物流通システムの変化をできるだけフー...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

くらしに役立つ食品表示ハンドブック

食品の表示は、消費者と食品を繋ぐ重要な情報源です。また、万一、事故が生じた場合には、この原因の解明や製品回収などの事故の拡大防止のための配置を迅速かつ的確に行うための手がかりでもあります。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

Q&A絵でみる野菜の育ち方―生育のメカニズムとつくり方の基礎

野菜の解説書というのはたくさんあるわけですがそのほとんどは技術論にとどまっていることが多いのが現実です。本書は「なぜそうなのか」や「どうしてそうなるのか」という観点から他の本が作物別各論的な記述にとどまる中で他の作物の場合はどうなるのかや同じように当てはまるのかなど興味深い視点で展開されています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

ファイナンシャルプランナー技能士3級攻略問題集

わたしは経営者として講演依頼を受けることがあります。弊社は4期目の農業界ではルーキーでしかないのですが営業畑出身という事で農家の営業について講演させていただいたり、今までにもいくつかの会社を経営してきた中で農業経営について講演させいただいたりしております。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

ビジネス実務法務検定試験3級公式テキスト

わたしの経営する農業生産法人ではたまに人材募集をしています。そんな中で入社前までに絶対に読んで欲しい本があります。その内容は理念に関する本や小説など様々です。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2014年 02月号 [雑誌]

本号の特集は品種による色の違いを特集してる便利帳となってました。色の力で、食べると健康になるといわれている品種のなぜに迫っています。その色を生かした売り方、加工のコツなど育種メーカーがおススメする色品種一覧は参考になります。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

売上2億円の会社を10億円にする方法

本書は船井総研のトップコンサルタントがクライアント先や一部のセミナーでしか語ってこなかった蔵出しノウハウが満載ということで買ってみました。それまで順調に業績を伸ばしてきたのに、売上高が2億円から3億円のレベルに達すると、ピタッと成長が止まってしまう。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

メコンの大地が教えてくれたこと―大賀流オーガニック農法が生み出す奇跡

本書はわたしが実際にタイへ著者の農場へ視察をさせていただいたり、東京で公演させていただいたときに同じ壇上でディスカッションしたり少なからずご縁のある方の書籍ということで実に興味深く拝読させていただきました。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2014年 06月号 [雑誌]

今回の特集は「農家が見る病害虫写真館2」です。前回の特集もかなり参考になりましたので今回も注目です☆彡 1枚の病害虫写真から何が読み取れるか?それは「初発」と思うものが「末期」だったり、「ダメかな」と思うものが「大丈夫」だったり。
スポンサーリンク