年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜の収量・品質アップ 連作のすすめ

一般の農業書では、野菜を連作すると、栄養障害や病害虫などの連作障害が発生するため、輪作することをすすめています。また、一般農業や家庭菜園で野菜をつくっている人からは、「同じ野菜を連作したので生育が悪い」との話を耳にします。 連作してはいけないのか?という問いには、本書では「ノー」と答えています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業気象学

気象は農業生産を左右する極めて重要な環境要素である。国内および世界各地の農作物、家畜や森林、その他すべての動植物の生息と分布を一義的に決めているのは、地球上の気象・気候条件である。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

野菜栽培の基礎(農学基礎セミナー)

野菜は、私たちの健康を維持するとともに、食生活や暮らしにうるおいと豊かさを与えてくれる。現在では、いろどり豊かな野菜を年間を通じて手軽に利用できるようになった。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

マルハナバチの謎

わたしの経営する農業生産法人では養蜂の可能性なども探っており、そんな中で本書に出会いました。本書の著者ハリフマンはユダヤ系のロシア人で、1902年ウクライナ共和国の南部、モギリョフ・ポドリスキー市に生まれました。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

食物アレルギー

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー(性)疾患に悩み苦しむ人が著増している。今日の日常診療においてアレルギー疾患は最も重要な対象のひとつとなっている。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2013年 12月号 [雑誌]

いま、味噌が若者に静かなブーム。手軽に使えるおかず味噌や、味噌スイーツも出てきて注目度満点。味噌シフォンケーキや、味噌プリンまででてきています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

日本の七十二候を楽しむ 旧暦のある暮らし

人は昔から太陽や月のリズムを季節や月日などを知る手がかりにしてきました。地球が太陽の周りを1周する時間の長さを1年とするのが、太陽暦。月が新月から次の新月になるまでの長さを1か月とするのが太陰暦です。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

土壌・肥料学の基礎

わたしの経営する農業生産法人では土壌や肥料学をもとに作付する畑を科学的に分析している。 一般的な土壌分析ではNPKといったような表面的な分析しかできない。 これからさらなる原油価格の高騰も予想され、肥料供給に不安もある。 ...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

日本甘藷栽培史―甘藷の伝来から伝播、その栽培法の変遷!

わたしの経営する農業生産法人では干し芋の”京はるか”を作るために原料のサツマイモ”べにはるか”の生産をしている。本年度も60トンの生産を計画している中で私は初めての取り組みとなるためこの本でサツマイモ栽培の歴史から学ぶことにした。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

天敵利用の基礎知識

現在、オランダ、イギリスをはじめとする西ヨーロッパ諸国やカナダでは、施設園芸害虫の防除に天敵が広く利用されています。天敵の利用面積は数千ヘクタールに及び、施設栽培の果菜類、特にトマト、キュウリ、ピーマンでは、薬剤主体の防除に代わって天敵利用を主体とする防除体系が実用化されています。
スポンサーリンク