晴耕雨読(書評)

晴耕雨読(書評)

微生物学 地球と健康を守る

微生物は目に見えないのでふだんその実態を意識することはほとんどありませんが、お酒や発酵食品を作ってくれたり、逆に病気を起こしたりすることで、私たちに大きな影響を与えています。微生物は水中・土壌・大気のほか動植物の表面や体内にも多数存在し、地球生態系の重要なメンバーです。
晴耕雨読(書評)

「このままでいいのか」と迷う君の 明日を変える働き方

新年度になり、新しいフィールドで自分の持つ可能性について何かを見いだそうとしている方も多いのではないでしょうか。実はわたしもそんなひとりです。
晴耕雨読(書評)

顕微鏡のすべて

17世紀の中ごろオランダのレーウェンフックはガラス球を磨きあげ、倍率約270倍のレンズを作り、これを用いて初めて実用的な単式顕微鏡を組み立てました。
晴耕雨読(書評)

森林リモートセンシング 基礎から応用まで

森林を観測すること、すなわち、計測は森林科学の基本である。森林は、多種多様な樹木から構成され、毎年、成長したり枯れたり変化する。また、人為による森林伐採や森林火災などグローバルな森林被害が世界各国で起こり、Co₂発生にやる地球温暖化や貴重な動植物の種保存の危機、生態系の破壊などの問題を引き起こしている。
晴耕雨読(書評)

ヒカルの卵

ビジネスのヒントというのは案外に小説から学ぶことも多いのです。 本書は養鶏農家の二郎が世界初の卵かけご飯専門店の開業を思いつくことから始まる物語です。 限界集落に近い過疎の郷で村人たちはそんな専門店に大反対。 保守的な...
晴耕雨読(書評)

向かい風で飛べ!

ビジネスのヒントというのは案外に小説から学ぶことも多いのです。 本書は農業試験場で小麦の研究をしていた父親の都合で引っ越すことになり、転校を余儀なくされた小学生さつきの物語。 父親は実家の家業を継ぐことになって札幌から転校す...
晴耕雨読(書評)

ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体

本書はあなたの顧客は誰なのか見極めている人にとっては、すぐ役に立つビジネス書であるといえます。 これからの消費の主役に何を売るべきか これからのどんなビジネスが消費者に受け入れられていくのでしょう? ネットでの有名ブラン...
晴耕雨読(書評)

それでも「いい人」を続けますか? 「ぶれない人」になる成功法則48

本書では、『いい人』を抜け出すことで、人生や仕事、あるいは恋愛や家庭生活のすべてがうまく回りはじめると断言されています。 「いい人」をやめることで、不満も我慢もストレスも怒りも数分の一になるので、ほがらかな笑顔で過ごせる日々が訪れる...
晴耕雨読(書評)

働く君に伝えたいこと―プロフェッショナル経営者の父から息子への28通の手紙

本書は、元スターバックスジャパンCEOで、いくつものベストセラーを送り出してきた人物が送り出した新刊です。 冒頭には「私には2人の息子がいます。父親として、彼らを心から応援したいと常々思っていますが、その気持ちをうまく伝えられていま...
晴耕雨読(書評)

[図解] 結果を出す人がやっている ストレスを味方につける方法!

本書は、日常に起こるさまざまなトラブルを乗り越えるためにストレスまみれのビジネスパーソンの手助けになってくれるかもしれません。 それぞれメソッドで書かれているので理解しやすい内容となっています。 ストレスに打ち勝つための著者の...
スポンサーリンク