超多収のためのアグリハック

超多収のためのアグリハック

サツマイモ農家 事例の特徴とコスト分析

それではここから実際の事例からサツマイモ農家におけるコスト分析を行っていきたいと思います。サツマイモ農家 事例の特徴  (1) 対象事例の概要 A複合経営では、経営主の就農した昭和50年当時から、サツマイモの他、落花生、陸稲、...
超多収のためのアグリハック

農業生産法人におけるサツマイモのコスト分析

わたしの経営する農業生産法人ではサツマイモの品種である「べにはるか」と「スイートレッド」を栽培しています。 主な出荷は干し芋用に加工するために関東へと行きますがSサイズ以下のものは残りますのでこれをさらにペースト加工したり、青果用で...
超多収のためのアグリハック

トマトをつくる上で大切にしたい3つのポイント

わたしの経営する農業生産法人では加工用トマトの産地化進めています。そんな中でトマトの生産者のこころにお邪魔して学ぶことが多いのですが先日も神戸で活躍される篤農家のところで研修させていただきました。ここでは収穫したトマトを使って調理を行って...
超多収のためのアグリハック

アグリハックの排水対策

排水は明渠、暗渠、弾丸暗渠または心土破砕とうねの間の通路によって行います。 明渠排水 明渠はスコップひとつで簡単に取り組めるので労働量は多いですが非常に安価で作り上げることが可能です。 子供の頃に海に遊びに行ったら必ず砂...
超多収のためのアグリハック

アグリハックの畝たてをするポリシー

畝たてや圃場設計一つで作業効率は劇的に変わります。 このアグリハックだけでも果菜類など労働集約型の作物を手掛ける場合は重要な要素となってきます。 ①うねの方向 うねは基本的に南北に長くつくれば太陽の一日の動きに合わせてナ...
超多収のためのアグリハック

露地栽培の万願寺とうがらしにアグリハック

伝統野菜の栽培については伝統に対して敬意を払いつつも高度のマーケティングを加えれば価格競争が起こりにくい商材です。その商品としての魅力をいかに生産していくかについての【アグリハック】をご紹介しています。
超多収のためのアグリハック

九条ネギを混植することでキュウリの連作障害を予防できる!

今回は京都の伝統野菜の九条ネギの根に生息する拮抗細菌が病気を予防することを利用してキュウリとの混植方法をご紹介します。キュウリは家庭菜園でも作りやすい定番野菜の一つですが、うどんこ病、べと病、つる枯病、褐斑病などの病害に弱く、アブラムシが好んで寄生します。
超多収のためのアグリハック

野菜に襲い掛かる主な病気

野菜作りにおいて、病気と害虫の防除対策問題は不可欠です。とくに、低農薬および無農薬を目ざす有機栽培などでは、知識をしっかり身につけて、早めの防除対策を行うことが必要です。 主な病気 ウイルス病 対象となる主な野菜/ほぼす...
超多収のためのアグリハック

野菜に襲い掛かる主な害虫

 野菜作りにおいて、害虫の防除対策問題は不可欠です。とくに、低農薬および無農薬を目ざす有機栽培などでは、知識をしっかり身につけて、早めの防除対策を行うことが必要です。 主な害虫 アブラムシ類 対象となる主な野菜/ほとんど...
スポンサーリンク