超多収のためのアグリハック

超多収のためのアグリハック

生モミガラは宝のケイ酸肥料

生もみ殻ってどうしてます? たいていは燃やしたりして処分してると思います。 しかし捨てる人あれば、拾う人あり。 拾う人であるわたしは、モミガラのケイ酸に目をつけています。 具体的な方法はモミガラは、基本的に畑作の畝...
超多収のためのアグリハック

トウモロコシで収支表をつくってみよう!

「コト起こし未来塾」では地方で起業やキャリアを考える社会人のために情報を発信していますが、私たちは地方で農業生産法人や食品加工の会社など運営している中で感じたことについて思うのですが、収支について本当に正しく考えて運用している人が少ないのでウチでやっているフローについてご紹介させて頂きます。
超多収のためのアグリハック

アグリ・マーチャンダイジングにおける5つの使命

わたしは全く畑違いの業種から農業という業界参入したので最初はクライアントからのオーダーなしに製造を繰り返す農業という業態にびっくりしました。 農家が好き勝手に作ったものを市場あるいは直売所に商品を出した結果、儲かる、儲からないを繰り...
超多収のためのアグリハック

サツマイモ産地の概況

わたしの経営する農業生産法人ではサツマイモの産地化を進めています。その中で栽培面はもちろんのこと流通販売面などでも色々と研究しています。今回はサツマイモを紹介するにあたってまずは概況をご説明させていただきたいと思います。(1) 国内産地 ...
超多収のためのアグリハック

サツマイモ農家 事例の特徴とコスト分析

それではここから実際の事例からサツマイモ農家におけるコスト分析を行っていきたいと思います。サツマイモ農家 事例の特徴  (1) 対象事例の概要 A複合経営では、経営主の就農した昭和50年当時から、サツマイモの他、落花生、陸稲、...
超多収のためのアグリハック

農業生産法人におけるサツマイモのコスト分析

わたしの経営する農業生産法人ではサツマイモの品種である「べにはるか」と「スイートレッド」を栽培しています。 主な出荷は干し芋用に加工するために関東へと行きますがSサイズ以下のものは残りますのでこれをさらにペースト加工したり、青果用で...
超多収のためのアグリハック

トマトをつくる上で大切にしたい3つのポイント

わたしの経営する農業生産法人では加工用トマトの産地化進めています。そんな中でトマトの生産者のこころにお邪魔して学ぶことが多いのですが先日も神戸で活躍される篤農家のところで研修させていただきました。ここでは収穫したトマトを使って調理を行って...
超多収のためのアグリハック

アグリハックの排水対策

排水は明渠、暗渠、弾丸暗渠または心土破砕とうねの間の通路によって行います。 明渠排水 明渠はスコップひとつで簡単に取り組めるので労働量は多いですが非常に安価で作り上げることが可能です。 子供の頃に海に遊びに行ったら必ず砂...
超多収のためのアグリハック

アグリハックの畝たてをするポリシー

畝たてや圃場設計一つで作業効率は劇的に変わります。 このアグリハックだけでも果菜類など労働集約型の作物を手掛ける場合は重要な要素となってきます。 ①うねの方向 うねは基本的に南北に長くつくれば太陽の一日の動きに合わせてナ...
超多収のためのアグリハック

露地栽培の万願寺とうがらしにアグリハック

伝統野菜の栽培については伝統に対して敬意を払いつつも高度のマーケティングを加えれば価格競争が起こりにくい商材です。その商品としての魅力をいかに生産していくかについての【アグリハック】をご紹介しています。
スポンサーリンク