超多収のためのアグリハック

超多収のためのアグリハック 超多収のためのアグリハック
超多収のためのアグリハック

超多収するためのアグリハック

わたしは栽培方法という枠組みではなくアグリハックという手法でよい品質という出口にのみ向かって作物を作っています。
超多収のためのアグリハック

多かん水だからこそ濃度障害にはならない

前回に引き続いて作物の多収技術に関するアグリハックをご紹介したいと思います。土壌中の水は重力と密接な関係にある毛細管現象によって土壌中を移動します。
超多収のためのアグリハック

トマトの生理障害をハックする

トマトを育てていると尻腐病や裂果などの障害から思った以上に収量を落としてしまって残念な思いをされたことがあると思います。 わたしも今までいろいろトマトの品種の栽培を手掛けてきました。 露地栽培で育てるソバージュ栽培なんかでは裂果をどうしても克服できませんでしたが解決の糸口がやっとみつかったところです。
超多収のためのアグリハック

春夏野菜のコンパニオンプランツのアグリハック

コンパニオンプランツとは、お互いの生育を助けあって、病害虫などを予防する効果などがある作物のことです。同じ場所で複数の作物を育てる「混植」、作物の畝間に異なる作物を育てる「間作」などのいろいろな栽培法があります。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪メロン×ヒマワリ≫

メロンはやや浅い位置に根を伸ばし、水はけのよい土壌と乾燥した気候を好みます。 このため、温室やビニールトンネルで栽培されることが多くなり、品質のよい果実の収穫が難しく、病害虫発生が懸念される露地栽培は難しいとされます。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪九条ネギ×ラッカセイ≫

わたしは京都を中心に畑作をやっているのでここでは九条ネギとなっていますが根深ネギなどでも構いません。ネギとラッカセイというのは共に水はけのよい砂土壌を好みます。根は菌根菌と共生するのでミネラルを集めるのが得意な作物です。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪ナス×インゲン≫

ナスは深い位置まで根を伸ばしていきます。お日様の光が大好きで、水分や肥料分をとても多く必要とします。一方で浅い位置に根を伸ばすインゲンは、半日陰でもよく育ちます。
超多収のためのアグリハック

コンパニオンプランツでアグリハック ≪ブロッコリー×ショウガ≫

わたしの畑では契約栽培でウコンを栽培しています。少量のためにショウガも栽培しておりまして何かいいコンパニオンプランツはないかなぁと考えていました。まずショウガというのは熱帯アジアが原産で高温と水分を好みます。
超多収のためのアグリハック

トマトの生理障害をハックするパート2

前回のコラムでお伝えした内容と冒頭重複しますが今回は水分コントロールの側面からトマト栽培をハックしたいと思います。
超多収のためのアグリハック

誰でも始められる植物工場のススメ

わたしは農業生産法人を経営している中で農業コンサルタントとしても活動させていただいております。その中で植物工場における採算性について取り組むことになりました。
スポンサーリンク