52週アグリMD生産工程管理システム

52週アグリMD生産工程管理システム

生産工数から開発期間を計算

ここで栽培プロジェクト全体の開発期間の計算を行ってみたいと思います。計算式は「標準開発期間の計算」とも呼ばれている、工数のプロジェクトに最も適切な開発期間を計算するものを使います。
52週アグリMD生産工程管理システム

認識すべきはAHSの重要性

前回は「生産工数から開発期間を計算」と題して、栽培プロジェクト全体の開発期間の計算について共有させていただきましたが、参考になりましたでしょうか。栽培プロジェクト全体の工数を見積もり、直近の開発フェーズはAHSから見積もるやり方はローリング・ウェーブ方式といいますが、これは栽培プロジェクト工数の見積もりの基本です。
52週アグリMD生産工程管理システム

マスタースケジュール作成の基礎知識と目的

前回は「認識すべきはAHSの重要性」と題して、栽培プロジェクト全体の工数を見積もり、直近の開発フェーズはAHSから見積もるやり方はローリング・ウェーブ方式といいますが、これは栽培プロジェクト工数の見積もりの基本について共有させていただきました。
52週アグリMD生産工程管理システム

マスタースケジュールはスローガンか

栽培プロジェクトの現場で多くのマスタースケジュールを見てきたが、残念ながら、正しく描かれたマスタースケジュールに出会うことは少ないのが現実です。 #栽培プロジェクト #マスタースケジュール
52週アグリMD生産工程管理システム

実現可能な栽培スケジュールを提示する

マスタースケジュールの内容をよく理解するために、その作成目的を整理します。マスタースケジュール作成の目的は、実現可能な栽培スケジュールをその栽培プロジェクトに関わる全ての人々やステークホルダーに提示することにあります。
52週アグリMD生産工程管理システム

圃場開発規模の増大で開発生産性が低下

栽培プロジェクトの規模が増大すると、開発生産性は低下します。正確な表現をすると、栽培プロジェクトで開発する52週農業生産工程管理システムの開発規模、すなわち生産工程数が増加すると、その開発に必要な、栽培プロジェクトの開発工数が増加します。
52週アグリMD生産工程管理システム

圃場開発フェーズにおける期間比率の変化

 正しい数値を把握するのが難しいテーマです。栽培プロジェクト工数の増加による圃場開発期間の延長は、栽培プロジェクトの各圃場の開発フェーズで一様には発生しません。
52週アグリMD生産工程管理システム

最適な開発生産期間を選択

栽培プロジェクトを設計する場合には、その実現性を確実にするような、開発生産性を採用することが必要です。これまで述べてきたように、栽培プロジェクトの開発期間が開発生産性を反映しているなら、開発期間にも最適なものがあるはずです。
52週アグリMD生産工程管理システム

複数の開発チームでプロジェクトを構成

多くの栽培プロジェクトは、内部に複数の開発チームを持っていて、この開発チームの構成方法が、栽培プロジェクト全体の開発生産性に大きな影響を与える点について共有しました。

52週アグリMD生産工程管理システム

サブシステム分割と開発生産性

サブシステムの独立性を高める方法について共有させていただきました。これにより、高い開発生産性で開発を進めることができるはずです。

#サブシステム分割 #開発生産性

スポンサーリンク