年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2014年 03月号 [雑誌]

本号の特集は早春のこの時期、早出しや霜除けなどには欠かせないマルチとトンネル。さまざまな効果をねらった選び方、使い方から片付け方まで、農家の使いこなし術を大公開。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2011年 08月号 [雑誌]

本号はいま、昔の農業をヒントにするというテーマが特集されています。トラクタはもちろん、肥料・農薬、電気や燃料も今のように豊富ではなかった時代、農家は、作物やそのまわりの自然をよく観察していた。道具を工夫して、あるもの(自然力)をうまく活かす農業。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2010年 12月号 [雑誌]

農業に使うには、手軽にやいたやわらかい炭が合っている。 そして今や炭は、地球温暖化対策の二酸化炭素減らし効果でも注目されるようになった。 じゃんじゃんやいて田畑に入れれば、作物も地球も喜ぶ。 わたしの畑でも近隣の山々に生...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2013年 09月号 [雑誌]

本号では米も野菜も果物も収穫で忙しくなる季節に「重いは嫌」の特集です。そうでなくても、農作業は運ぶ仕事が山ほどなんですよね。しかも農業の仕事は腰が命です。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

現代農業 2013年 06月号 [雑誌]

本号の特集は病気や害虫を出さないためにも防除は確実にやりたいということで防除機器を120%使いこなす特集。だからこそ体に負担がかからないようにラクにしたいものですね。そんなことから「歩くブームスプレーヤ方式で農薬代半減」
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

土地改良工事の積算と施工

農業においても土木工事は密接な関係にあります。獣害対策や畑における水分コントロールを自在に行うためにはユンボのひとつも動かせたほうがいいし、工事をして目的を果たすまでの計画的手順を知るために本書を購入しました。 土地改良事業等請負工事の積算基準は、情報公開と受注者の的確な見積もりに資するため積算基準の公表を求めた中央建設業審議会の建議の趣旨に沿って、昭和58年3月広く一般に公表され、今日に至っています。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2009年8月号(162号)

農林中央金庫がサブプライムローンの運用による巨額の損失を発生させたことで、各農協に1兆9000億円の増資を要請した。といっても、自分の地域の農協がいくら増資したのかご存じの読者はおられるだろうか。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2009年10月号(164号)

本号の特集は農作物の輸出について。 少子高齢化により、日本の農業・食産業マーケットはすでに縮小の道を歩んでいる。農業算出額はピーク時と比べ3兆5000億円減の8兆2000億円、食品産業の国内生産額は同8兆円減の85兆円まで下落した。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2009年11月号(165号)

本号の特集はニッポン農産物を輸出せよ!世界の国々はどんな農産物をどれだけ輸入しているのか。ニッポン産が売れている国はどんな市場なのか。 あるいは有望な潜在マーケットはどこで、それらを一体どうやって攻略すればいいのか。
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

農業経営者 2010年2月号(168号)

私は戸別所得補償制度をこう使いこなす!農場経営者にとってより重要な問題は、水田利活用自給力向上事業とその周辺にあると言っていい。「いざ作付け計画を立てようにも、何をどうすればいくらになるのかさっぱり分からない」「予算付けと運用方法がはっきりしていないため、作付け計画を立てようにもできない」そんな苛立ちを募らせる読者の声が寄せられているという。
スポンサーリンク