かまたれおん

農業に広がるブルーオーシャン

実は日本の農産物の輸出は増えている現実

前回は「就農人口の減少が問題の本質ではない訳」と題して、日本の農業が危機的状況の中でもポジティブな側面もあるので、そこからアプローチした今後のあり方について考えを共有させていただきました。
晴耕雨読(書評)

自然資本経営のすすめ: 持続可能な社会と企業経営

本書で述べられている自然資本経営は、これまで世界や私たちを支配してきた、限りない便利さと欲望を追求する過剰な消費文明の価値観をパラダイムシフトさせて、自然本来の人間性を取り戻そうという趣旨となっています。
晴耕雨読(書評)

LIME3 ―グローバルスケールのLCAを実現する環境影響評価手法

本書はグローバル視点での環境影響評価手法をまとめたものであり、サプライチェーンを広げる企業が世界規模で環境ビジネスを展開する上で最適な手法が書かれています。 まず、ISO140040(2006)とISO14044(2006)の方法に...
年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本

文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る

本書は農業をするために必要か?理系のタイプが多いから単純に面白い読み物って点と最初の章にある物理学者がウォール街で活躍しているところの深掘りが興味深い内容でした。 物理学を使って株価の動きが予測できる 金融の世界で活躍している物理学者がいる
農業に広がるブルーオーシャン

就農人口の減少が問題の本質ではない訳

前回は「近い将来、必ず世界で食糧不足になるわけ」と題して、フライング・ファーマーとして世界の農地などにも足を運んでいる農家の目線で世界の現状に目を向けて、食糧を取り巻く状況はかなり危機的な状況であることを認識していただけたと思います。
晴耕雨読(書評)

分解の哲学〜腐敗と発酵をめぐる思考〜

本書はやはり「哲学」だった。このような系統の本が好きではない限り、簡単には読めないかもしれないが私にとって本書は難しいところもあったけども、とても深く考えさせられました。
農業に広がるブルーオーシャン

近い将来、必ず世界で食糧不足になるわけ

前回は「日本の農業を取り巻く現状について」と題して、日本の農業を取り巻く環境にして現場の最前線にいる目線で解説させていただきました。今回は世界に目を向けてみると、かなり危機的状況が近づいて来ることを認識していただけると思うので、フライング・ファーマーとして世界の農地などにも足を運んでいる農家の目線で現状をお伝えしていきたいと思います。
農業に広がるブルーオーシャン

日本の農業を取り巻く現状について

日本では、農業就業人口は年々減っており、2018年に175万人を割り込み、18年前の2000年(約389万人の半分以下になってしまいました。高齢化も進んでおり、農業就業人口の平均年齢は、2000年以降60歳を超えていて、2018年には66.8歳にまで上がりました。
必ず成功するブルーベリー栽培の秘密

ピートモスと鹿沼土の混合用土を作り込む

前回は「ブルーベリー栽培の休眠枝挿しの手順とポイント」と題して、ブルーベリー栽培のために充実した1年生枝を用いる休眠枝挿しの手順とポイントを図解で説明させていただきました。今回は、ピートモスと鹿沼土の混合用土について解説させていただきたいと思います。
必ず成功するブルーベリー栽培の秘密

ブルーベリー栽培の休眠枝挿し法の手順とポイント

前回は「ブルーベリーの畑作りと圃場更新」と題して、ブルーベリー栽培の作りこなし技術や実際の経営における楽しみ方などをお伝えしていく中で、苗木の作り方では「休眠枝挿し法」が一般的で、その穂木の準備や調整方法について共有させていただきました。
スポンサーリンク