1つ3000円のガトーショコラが飛ぶように売れるワケ 4倍値上げしても売れる仕組みの作り方

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約3分で読めます。

ケンズカフェ東京。元々はレストランでしたが、今では売っている品はガトーショコラ1品のみ。

うちの奥さんがガトーショコラが好きなので出張の時にはお土産として買って帰りたい一品となっています。

場所は新宿の外れにありまして、1本3000円となっています。

作るのはオーナーである氏家さんだけ。

1人で全てのガトーショコラを焼き上げておられます。

そのガトーショコラを思うとき、農業ビジネスに通じなと感銘を受けるのです。

この本は普通に読むだけなら「高い値段のガトーショコラが付加価値によって飛ぶように売れてるのか。」と思っていただけかもしれません。

サイズは半分、お値段は4倍

ケンズカフェで販売されているガトーショコラは元々運営していたレストランで出されていたとのこと。

当時のサイズは1本500gと現在の2倍の量で、値段は半額以下の1300円で販売していたそうです。

それが今では量で考えると当時の4倍の値段で販売されているのです。

それでも氏家さんのガトーショコラは口コミで広がって飛ぶように売れています。

実は、ここに農業におけるヒントがあると思います。

ストーリーから生み出されるバリュー

氏家さんのガトーショコラは1300円で販売していたものが今では3000円です。

古い常識の中では価格設定というものは原価に対しての利益を幾らか上乗せするのがセオリーだと思います。

しかし、今の時代の価格設定はそのバリューによって決まってくるのです。

つまり、お金を払いお客さまにとって見合う価値さえあれば幾らでもいいのです。

このガトーショコラの場合、価格ではなく食べた時の感動、そしてストーリーにバリューが存在しています。

これからの時代、価格だけで勝負する商品は衰退化していく運命だと思います。

もちろん消費者アンケートなどをみると価格というのはトップクラスの判断基準なのは間違いのない事なのですがそれだけでは駄目な時代だということです。

最高の材料が最高の物を生む

ケンズカフェの「ガトーショコラ」が人気の理由は最高の材料を使っていることもあげられるでしょう。

世界最高のチョコレートに、日本最高峰のカルピスバター。

ココアも小麦粉も一切使用しない拘りがあります。

こういったビジネスモデルでは価格を原価ではなくバリューに設定する事で最高の原料や材料を使う事ができるのです。

これがコモディティであれば、材料を安価に抑えたり、一つ一つの拘りを排除する必要があります。

それが商品のバリューを損なうのです。

これは価格を抑えて作りたい場合においても同様の考え方で対応するべきなのです。

バリューを構築したものが市場を制覇

本書にも書かれていることですが、ケンズカフェでは年間にコンテナ2個分のチョコレートを使うそうです。

それによって安価にチョコレートを仕入れる事ができるとのこと。

野菜でもなんでもそうなんですが、劇的な量が売れていく事で、さらに原価を押し下げ、さらに利益を押し上げる事できるのです。

この好循環が生まれると原価に余裕があるので新しいイベーションを起こす事ができる仕組みなのです。

結局のところモノには正しい値段は存在しません。

これが今の時代の商品価値なのだと思います。

消費者が価値に対して幾らなら妥当なのか?という時代に入ったのです。

農作物なんかは特にグローバル化が進む中で価格で勝負したら確実に負け戦となります。

本書から自分で値段を設定することの重要性を本質とその方向性を理解すれば販路について困ることはなくなるでしょう。