第63話 促成ナス栽培のアグリハック

10倍儲かるナスの栽培アグリハック
この記事は約5分で読めます。

前回は「第62話 美味しい秋ナス栽培の管理」と題して、夏秋ナス栽培の管理のコツを紹介させていただきました。

今回は、促成ナス栽培の管理のアグリハックを紹介させていただきます。

このアグリハックは主に露地栽培に最大の効果を発揮しますが前回のコラムにおいて夏秋栽培のナスについて触れさせていただいたので詳しくご紹介したいと思います。

露地のナス栽培と促成栽培を組み合わせることで周年でナス栽培をすることができます。

ナスを愛し過ぎてしまえば燃料代がかかろうなんだろうが取り組むべきだと思います。

やり方次第で利益は十分にあげられますので是非チャレンジしていただければ幸甚にございます。

加温設備の準備

 丹波地方で促成ナス栽培に取り組む場合はビニールハウスに加温機と内張カーテンを装備して9月に定植します。そして10月から翌年7月上旬まで収穫する、比較的長期間の栽培となります。

ハウスの休閑期間が2カ月間と短いので土壌消毒、堆肥投入などの土作りをタスク管理をガントチャートなどを使って精密におこなう必要があります。

ハウスの間口は6mくらいが標準だと思いますが、間口により畝数と畝幅を決めます。

思っているよりは畝の幅は必要ありません。

60cmもあれば十分ですが通路は90cmくらいは確保したいところです。

つまり600cm-(うね4つ×60cm)+(通路3つ×90cm)で残りの90cmは45cmずつサイドに余裕を持たせます。

仕立て方はもちろん平面三本仕立てにします。

ナスの栽培では積極的なかん水が必要となるため、排水良好な状態を維持することが重要です。

排水不良の場合は暗渠や明渠で対応するようにしましょう。

定植前にはきちんと土壌診断を実施して、pHや塩基バランス等を確認してから基肥の種類と量を決めます。

定植1カ月前には完熟堆肥を全面に散布・耕耘し、定植1週間前には基肥、畝づくりを終了させるようにします。

土壌水分に注意しながら耕耘します。

作型

定植時期は、丹波地方のわたしの畑の場合では9月中旬です。

定植が8月下旬の早植えは、年内の収量が高くなり収穫期間が長くなる反面、台風襲来、土壌病害発生の危険が高くなるなどの課題もあります。 

育苗

苗をどうするかについては以前にご紹介した通りですがナスには購入苗の利用と自家育苗があります。

収穫終了後の後片づけ、土壌消毒、堆肥投入などの作業に集中できることから、大部分が購入苗利用です。

わたしは青枯病、半身萎凋病等の発生抑制のため、接ぎ木苗を使用します。

穂木品種は地域の品種を用い、台木は「トナシム」、「トレロ」など、土壌病害の発生程度などに応じて選定します。かん水量は、初期から多かん水はしないように1日に必要な量のみかん水するようコントロールしつつ、生長するに従って徐々に増やしていきます。 

定植

コストの兼ね合いもあってセル苗で購入しますが、15cmポリポットに鉢上げしてから開花直前に主枝の方向を定めて定植します。

なお畝穴底部の水不足は活着の遅れにつながることから、定植前の植穴にかん水を十分におこないます。
病害にも強くなることが期待できるので浅植(根洗い定植)がおススメです。 

施肥・かん水

定植から活着するまでは、念のために鉢土が乾かないように、株元に手かん水したほうがいいでしょう。
2週間もあれば活着するはずです。 

夏場では1株当たり6リッターも必要としたかん水も厳寒期には、あまり水分を必要としなくなります。

少なすぎると草勢低下と病気発生に結びつくので、なるべく地温を低下させないように晴天日におこない、少量多回数に努めます。

株元を加温したりする技術と併用することでこの辺は無視できるようになります。

活着後はチューブでかん水しますが、栄養生長と生殖生長のバランスをとりながら、かん水量を調整します。

3月以降になると水分吸収量が増加してくるので葉の展開速度が速くなります。
通路が乾かない程度にかん水量を増加させましょう。

5月以降になると、さらに水分吸収量が増加するため、夕方にかん水します。
通路が濡れている程度のかん水をおこないましょう。
乾燥するとハダニ、アザミウマ類などの害虫発生が増加するので、気をつけます。

追肥は、第3段花の着果時から液肥の注入を開始します。
施肥間隔は、新月の大潮には栄養生長を促すためにリン酸系、核酸、および海由来の肥料を施すのがおススメです。

次回は促成ナス栽培の一般管理の手法とアグリハックをご紹介したいと思います。


農業で10倍儲けるシリーズ「ナスのアグリハック」を電子書籍化しました。電子書籍用の加筆はしていないので、このブログをお読みいただくか、Amazon プライムにご加入されてましたら無料でダウンロードできます。オフラインでも読めますのでオススメです。