稲の伝来と食べ物の変化

10倍儲かる水稲「鉄コーティング栽培」
この記事は約2分で読めます。

日本人の主食といえば米です。

わたしも農家として栽培をしているわけですが今回はこの米の由来について考えてみたいと思います。

稲はそもそも日本に自生していた作物ではありません。

現在有力な説では中国の長江下流流域説などがあるわけですが今から7000年目にはすでに稲作が始まっていたことは確実視されています。

それでは稲はいつ、どのように日本に伝わってきたのでしょうか?

1997年に岡山市の朝寝鼻貝塚でプラント・オパールが見つかりました。

プラント・オパールとはイネ科の植物に含まれるガラス質の細胞のことで、これを分析することでいつ頃、何の植物が栽培されていたかがわかるのです。

朝寝鼻貝塚のプラント・オパールを分析した結果、約6000年前の稲であることが判明しており、つまりすでにこの頃には日本で稲が栽培されていたことが証明されているというわけです。

ただし現在の水田をはった稲作ではなかったと思われ、水稲技術は2500年前であったと考えられているそうです。

現在発見されている最古の水田は佐賀県の唐津市にある菜畑遺跡でこれが約2500年前だったことから推測されているわけですが稲作は縄文時代の中期にはすでに伝来して弥生時代が始まるよりも前に水稲栽培が始まっていたことを裏付けています。

この水稲栽培の伝来ルートも諸説ありますが、一般的にいわれている長江ルートから朝鮮半島ルートではなく、大阪府や奈良県から出土した2200年前あたりの炭化米のDNA塩基配列を調べてみると 長江下流流域の在来種の稲の遺伝子と一致する結果がだされ、中国から直接わたってきたことが判明しました。

この稲の食べ方も栽培技術の高度化とともに変化しており、伝来したばかりの頃では、なんともみ殻のまま焼いてもみ殻をとりながら食べていたのではないかと推測されています。

投稿を表示

これは面倒だ(笑)

そして少しづつ、改良が重ねられて刈り取った稲を脱穀して精米する技術を身に着けて煮て食べるようになったようです。

古墳時代に入って日常的に食べる米は煮て祝い事の時などには蒸して食べるようになったと考えられています。

こうして考えてみると儲からないからという理由で片づけてはならないのが米の栽培ですね。

リーン思考で徹底的にコストダウンすることで競争力のある作物へと生まれ変わらせることができるかもしれません。

まずは鉄コーティングなどの技術を利用しながら栽培に改良を加えながら続けていきたいと思います。