土地改良工事の積算と施工

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約1分で読めます。

農業においても土木工事は密接な関係にあります。

獣害対策や畑における水分コントロールを自在に行うためにはユンボのひとつも動かせたほうがいいし、工事をして目的を果たすまでの計画的手順を知るために本書を購入しました。

土地改良事業等請負工事の積算基準は、情報公開と受注者の的確な見積もりに資するため積算基準の公表を求めた中央建設業審議会の建議の趣旨に沿って、昭和58年3月広く一般に公表され、今日に至っています。

しかし、土地改良工事は、工事内容が多岐に渡るとともに、施工形態も近年は社会・経済環境の変化や土木技術の進展、新工法の開発、建設機械の発展・普及などにより変化していることから、積算や見積もりの実務者がこの積算基準をどのように適用して、どのように工事価格の積算を行うのか理解し難い場合があります。

このため、本書は、積算基準や請負契約の概要など工事発生から検査までの基礎的な知識について平易に解説するとともに、積算基準に基づく先さん方法を積算例を用いて具体的に解説し、積算や見積もり実務の初心者がわかりやすい積算の手引き書として編集されています。