科学的な進捗管理が成功への第一歩

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約4分で読めます。

前回から、「なぜ農業に生産工程管理が必要なのか」と題して、科学的・定量的なプロジェクト・マネジメントが、国際的に認知された手法として農業界で広く受け入れられることにつながり、それが困難な生産プロジェクトを成功ヘ導くための連載をスタートさせていただきました。

農業生産プロジェクトを成功させるには、実現性の高い生産プロジェク卜計画書を作成する必要があります。

そして、この計画書を実現すべく、プロジェクトを運営するのです。

計画と運営の両者が、プロジェクトの成功には欠かせません。

このブログのテーマは「プロジェクト進捗管理」 ですが、 進捗管理だけが独立して遂行されることはありません。

プロジェクトマネジメント全体の枠組みの中の、1つのマネジメ ントとして逐行されます。

そのため、プロジエク卜進捗管理の説明に入る前に、プロジェクトマネジメントを烏瞰する必要があります。このトピックスではこうした観点から、プロジェクト計画書とプ口ジェクト進捗管理の関係を整理しています。

特に重点を置いているのは、 プロジェクト計画書の一部として作成されるマスタースケジュールとWBS、そして栽培ステージの開始時点で作成されるチーム・スケジュール等の関係です。

農業生産プロジェクトが成功する秘密

プロジェクト進捗管理がなぜ重要か。


それを認識するには、生産プロジェクト・マネジメント全体の概念と、その枠組みを理解する必要があります。

多くのプロジェクトは、この概念・枠組みを忠実に守ることによって、成功を収めています。


その中核を成すのが「農業生産プロジェクト進捗管理」なのです。

理解には共通のスキームが必要

農業における生産プロジェクトの失敗事例は、山のように存在します。

当初の予算通りで終了するブロジェクトは少数で、多くのプロジェクトがコスト超過になっています
約 1/3 のプロジェク トが失敗だったという報告さえあります。

この数年間では、農業生産プロジェクト・マネジャーとして、農業生産プロジェクトのレビュー依頼を受けて現場に出向くことがあります。

そのような事情から自然に問題プロジェク卜の情報は集まってくるようになりました。

大変に残念なことですが、そうした農業生産プロジェクトの多くは「もっと前に相談してもらえれば打つ手があり、大きなケガにならなかった」という性格のものが多かったのも事実です。

間題プロジェクトの多くは、農業生産プロジェクト・マネジメントの基本に沿った農業生産プロジェクトの運営ができていません。

その多くは、過去の農業生産プロジェクト経験を継承したものか、 または先輩から農業生産プロジェク トマネジメ ント法を受け継いだものです。

先輩の長年にわたる努力で確立したものではありますが、これは残念ながら属人的と言わざるを得ない農業生産プロジェクト運営方法です。

正確な農業生産プロジェクトの現状を把握できずに結果として適切な対策が打てず、失敗プロジェクトを生み出しているのです。

こうした属人的な農業生産プロジェクト運営方法では、農業生産プロジェクト進捗管理のやり方も、属人的にならざるを得ません。

わたしは農業生産プロジェクトの進捗管理資料を項戴すると、まず「この資料は何を表現しているか」を確認します。

ところが類似の2つの農業生産プロジェクトの進捗を比較しようとしても、進捗計数の計算の仕方が異なるので比較のしようがないのです。

比較ができなけば間題プロジェクトの早期発見や、問題の大きさを他から類推することも困難になります。

担当の農業生産プロジェクト・マネジャーに説明してもらう以外に、プロジェクトの進捗を把握できないのでは、リスクが大きすぎるのです。

プロジェクトのコスト見積もりでは「第三者がレビューできなければコス卜見積もりとはいえない」と言われますが、プロジエク卜進捗管理でも同じことをあてはまるべきです。

このような現状を考えると、農業生産プロジェクト・マネジメントの枠組み全体から、プロジェクト進捗管理だけを抜き出し、それに限定して譲論を進めても、かえって読者の混乱を増すだけになります。

理解を容易にするために、まずは農業生産プロジェクト・マネジメントの慨念とその枠組みを、少しだけ烏瞰してみたいと思います。

プロジェクトマネジメント全体を埋解した上で共通の認識を持ってプロジェクト進捗管理の譲論を進めたいと考えています。