52週マーチャンダイジング農業生産工程管理システム

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

前回は「科学的な進捗管理が成功への第一歩」と題して、まずは農業生産プロジェクト・マネジメントの慨念とその枠組みを、少しだけ烏瞰してみようというお話をさせていただきました。

今まで述べてきました属人的なやり方からの脱却と、農業生産プロジェクト・マネジメ ント全体の共通認識に立つため、わたしの経営する農業生産法人で開発した52週マーチャンダイジング農業生産工程管理システムを利用しています。

52週マーチャンダイジング農業生産工程管理システムを取り上げた理由は専門的な観点から高い内容であると評価されており、優れたプロジェク卜・マネジメントが行われやすくなると考えるからです。

ここから先は、この52週マーチャンダイジング農業生産工程管理システムに準拠して記述を進めます。

ここでは「共通の認識に立つ」ということが目的なので、記述はプロジェクト進捗管理に絡む部分に限定しています。

その点は注意していただきたいと思います。

農業生産プロジェクト・マネジメン卜の全体イメージ

「農業生産プロジェクト成功の秘訣」とは何かと間われたら、それは「実現可能な農業生産プロジェクト計画書を作成して、それに沿つてプロジェクトを運営する。

そしてプロジェク卜途中で発生する変更とリスクに適切に対応する」ことにつきます。

農業生産プロジェクト計画書は、本体と詳細資料で構成さえています。

本体には農業生産プロジェクトで開発する新システムの概要、マスタースケジュール、コスト計画、要員と体制図等が記載されます。

この本体を見れば、農業生産プロジェクトの全体が理解できるようになっていて組織のプロジェクト承認資料としても使用できるようになっています。