プロジェクト進捗管理を詳細に見る

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

前回は「農業生産プロジェクト・マネジメント法と開発標準ガイド」と題して、農業生産プロジェクト・マネジメント法や栽培の仕方と生産物を定義したものなどの詳細資料の作成について解説させていただきました。

これらのように農業生産プロジェクト・マネジメントの全体慨念と、生産プロジェクト進捗管理の関係を記述してきました。

ここから先は、農業生産プロジェクト進捗管理に的を絞り、それらを遂行するための概念・仕組みを説明したいと思います。

属人的な農業生産プロジェクト進捗管理

農業生産プロジェクト・マネジメントが属人的なやり方で行われていることも理由の1つですが、農業生産プロジェクト進捗管理も、先輩のやり方を継承した属人的なものが多いのが現実です。

それどころか、農業生産プロジェクト・マネジメントよりもいつそう属人的な農業生産プ口ジェク卜進捗管理が行われているというイメージはぬぐえません。

農業生産プロジェクト・マネジメントの中心を成す農業生産プロジェク卜計画書は、農業生産法人など会社・組織の制度として、その記載内容が定義されている場合がほとんどです。

しかし、農業生産プ口ジェクト進捗管理には制度化された資料があまりありません。
そのために現場のプロジェクト・マネジャーが独自に工夫しながら、進捗管理資料を手作りしています。

しかも、正しいスタイルを吸収する機会を与えられないままなのです。

ここから先は、 その農業生産プロジェクト進捗管理を深堀して欲しいと思います。

農業生産プロジェクトを成功に尊く概念 ・ 仕組みが、 そこにも存在することが分かると思います。

農業生産プロジェクト進捗管理はWBSと一体

農業生産プロジェクト進捗管理の概念 ・ 枠組みを理解するためには、「農業生産プロジェクト・マネジメント統合の錠鍵」とも言うべきWBSとの関係を、理解することが重要なのです。

この理解なしに、農業生産プロジェクト進捗管理は論じられないのです。

WBSは3階屠の構造を持っていて、 最上位に農業生産プロジェク卜の開発フェーズ名がきます。

農業生産プロジェクトは複数の栽培ステージを持っているので、WBSはその栽培ステージ単位に作成されるのです。

栽培ステージ名の下に、その栽培ステージで採用される生産工程を配置して、その工程で作成される農業生産プロジェク卜成果物の名前を、3段目に記載します。

2段目の生産工程は、「WBSコード番号」と呼ぶ採番を行うことから、これらを総称してWBSコードともいわれています。

米軍では、このWBSコードを「コントロール・アカウント」と称して、プロジェクトのコストを集計する単位であるという意味を明確にしています。

コントロール・アカウントと呼ぼうがWBSコードと呼ぼうが、その意昧合いは一緒ということです。

WBSコードはプロジェク卜の開発工程に対応しますが、農業生産プロジェク卜進捗管理ではコストの集計単位になります。

3段目にあるのは、生産工程で作成するプロジェクト成果物ですが、その「成果物」に相当する英単語「ワークパッケージ」が、総称として使われています。

この栽培ステージ名、WBSコード、ワークパッケージまでがWBSの範疇で農業生産プロジェクトの成果物を生産担当者に割り振る「アクティビティ展開」は、WBSの範疇には含まれません。

WBSで定義されたプロジェクト成果物を、生産担当者に展開する作業は、プロジェクト進捗管理の作業の一つであるといえるでしょう。