最新農業技術 果樹 楽して稼げる施設・低樹高栽培ほか

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約1分で読めます。

果樹農業従事者の減少や高齢化への対応では、省力化・軽労化技術の開発が喫緊の課題であろうし、若い就農者の流入を促すためには、儲かる魅力ある経営が可能な画期的な新品種・新技術の開発や労動時間の短縮が必要となろう。

また、果物自給率の向上については、多面的な取り組みが必要である。

本書では、果樹の試験研究機関で日々研究に邁進する第一線の専門家が、最近の果樹の技術開発の動向を把握する上で役立つ情報を提供している。

特に本号では、定年(前)帰農者を始めとした新規就農者も取り組めるとともに、各品目で開発されている省力化や低コスト化を実現できる各種の栽培方法や、栄養・生育診断技術などが分かりやすく解説されている。

わたしの経営する農業生産法人ではブドウや栗などの栽培も進めているのでとても参考になった書籍でした。