失敗しない果樹の育て方

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約1分で読めます。

春、冬の眠りから覚めた果樹はつぎつぎと枝葉を伸ばし美しい花を咲かせます。

そして夏、摘果や袋かけなどの作業が始まり、サクランボ、ウメ、モモなどが、秋には、カキやナシ、ブドウなど多くの果樹が収穫期を迎えます。

冬、果実の代表、ミカンやユズなどの柑橘類が果実をつけはじめます。

剪定作業の時期でもあり樹形づくりなど果樹を仕立てる醍醐味が味わえます。

まず、果樹選びですが、果樹の種類を選ぶときもっとも大切なことは、植える土地の気候、日当たりやスペース、土の特性などが合うかどうかです。

しかし、最低限の条件はありますが人が手を加えることによって、大木になる果樹であっても剪定をおこなえば限られたスペースで楽しむことができ、鉢植えで栽培すれば気温を管理することもできます。

工夫しだいでさまざまな楽しみ方ができるのが果樹栽培の魅力でもあります。