意外に見落としているタイム・マネジメント

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

前回は「アグリハックの進捗管理」と題して、アグリハックにおけるプロジェクトマネジメントの考え方や栽培プロジェクト進捗管理の位置付けを明確にさせていただきました。

アグリハックからみた農業におけるタイム・マネジメントとは、「目標の日までに栽培プロジェクト農産物を出荷する」ように管理することです。そのプロセス・フロー、つまり作業の流れを説明していきたいと思います。

栽培プロジェクト農産物の定義を意味するアクティビティ定義、作成の順番を示すアクティビティ順番定義、工数見積もりのアクティビティ資源見積もり、作成の期間を示すアクティビティ所要期間見積もり、という順番で実施します。

そしてこの説明で分かるように、この情報を基に栽培スケジュールを作成して、栽培スケジュール・コントロールを行います。

この一連の作業は、営農統合マネジメントの「栽培プロジェクト作業の監視コントロール」の、作業内容を表すものと見なすことができます。

ここから、その他の知識エリアに目を移すと、コスト・マネジメントではコスト・ベースラインが作成され、それを管理するのにEVM(アーンドバリュー分析)があります。

品質ベースラインは、品質マネジメントの一環として作成されるのです。

以上述べたように、「栽培プロジェクト進捗管理」は多数の知識エリアにまたがっています。

「栽培プロジェクト進捗管理」という言葉の定義にも、曖昧さが含まれています。

栽培プロジェクトマネジメントという枠組みの中では、「総合判断」という位置付けにあり、どの知識エリアにも入りきらないものです。

栽培プロジェクト進捗管理はそれだけ広範囲なもので、しかも栽培プロジェクトマネジメントの中でも、最も重要なものの1つです。

それが、独自の属人的な概念になってしまうのは非常に困るので、ここであえて長々と説明した次第であります。