栽培プロジェクト進捗管理もグローバル・スタンダードに

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

これまで「なぜ、あなたの農業はうまくいかないのか」と題して、10回に渡って農業に対してなぜ生産工程管理が必要かということについて説明し、どのような管理をすれば良いのが概要をご理解頂けたと思います。

前回は「意外に見落としているタイム・マネジメント」と題して、栽培プロジェクト・マネジメントという枠組みの中では、「総合判断」という位置付けにあり、どの知識エリアにも入りきらないもので、栽培プロジェクト進捗管理はそれだけ広範囲なもので、重要な要素となるというお話をさせていただきました。

このトピックスでは、新しく「あるべき姿のプロジェクト進捗管理とは」と題して、経験をベースにした属人的な栽培プロジェクト進捗管理の問題点を整理してみたいと思います。

以下に述べるような栽培プロジェクト進捗管理を何回行っても、栽培プロジェクトマネジメントのイノベーションは起きません。

そこで早い段階で、あるべき姿のプロジェクト進捗管理を定着させたいと思います。

栽培プロジェクト進捗管理が栽培プロジェクトマネジメントの中心的な位置付けを持つだけに、その重要性をわたしは痛切に感じています。

こんなやり方はやめたい

栽培プロジェクトの現場で行われている、栽培プロジェクト進捗管理の実態を紹介したいと思います。

これはわたしが栽培プロジェクト現場で実際に遭遇したケースです。

頻繁に出会い、問題を感じる栽培プロジェクトとして、ベースラインのない栽培プロジェクトがあります。

栽培プロジェクト農産物を生産するとき、その生産スケジュールが定められていない栽培プロジェクトのことです。

栽培プロジェクト農産物を生産する際にまず行うことは、農産物の開発担当者に生産する農産物のすべてを割り振って、その農産物の単品ごとに作成生産工数の見積もりを行い、生産スケジュールを立案することです。

ところが、直近の農産物だけを割り当てている栽培プロジェクトが多いのが現状です。

農産物のすべてが農産物開発担当者に割り当てられてはいないのです。

このような作業指示では、農産部物の生産工数見積もりと生産スケジュールは、割り振られた農産物だけを反映したものになります。

一部しか割り振られていないので、農産物全体の栽培生産工数見積もりや、栽培スケジュールの立案ができないのです。

つまりベースラインのない栽培プロジェクトになる危険性があるのです。

栽培プロジェクト進捗管理では、最初に行うべき評価として、マスタースケジュールとAHSで定義した栽培プロジェクト農産物の作成計画、AHSコードの内容とベースラインについて、その実現性を確認することが欠かせません。

もし、全体の栽培スケジュールが作成されていないなら、この評価ができないことになります。

実現性が確認されていないベースラインを評価軸として、栽培プロジェクト進捗管理を行っても意味がないのです。

ましてや、そのベースラインさえない栽培プロジェクト進捗管理に、どのような意味があると言えるのでしょうか。

こんな栽培プロジェクト進捗管理を行っていると、今まで「予定通り」と報告されてきた栽培プロジェクトが、ある日突然、危機的な栽培プロジェクトに変化し、関係者を驚愕させることになります。

しかし実態は、かなり以前から危機的な栽培プロジェクトであったはずで、そう報告されていなかっただけなのです。