認識すべきはAHSの重要性

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

前回は「生産工数から開発期間を計算」と題して、栽培プロジェクト全体の開発期間の計算について共有させていただきましたが、参考になりましたでしょうか。

栽培プロジェクト全体の工数を見積もり、直近の開発フェーズはAHSから見積もるやり方はローリング・ウェーブ方式といいますが、これは栽培プロジェクト工数の見積もりの基本です。

つまり、AHSが栽培プロジェクト全体の工数見積もりの裏付けになっているという意味合いを持ちます。

栽培プロジェクトマネジメントの中核としてAHSは重要な意味があります。

AHSが栽培プロジェクトのコストと生産スケジュールを決める重要な情報であり、それらの前提となるテクニカル・パフォーマンスも含まれていることを示しています。

「テクニカル・パフォーマンス」は農産物開発生産性を意味しますが、これは栽培プロジェクト全体の開発生産性ではなく、栽培プロジェクトで定義された農産物を作成する開発生産性です。

栽培プロジェクト全体の生産工数見積もりは必須ですが、この数値だけでは栽培プロジェクトは運営できません。

栽培プロジェクトを運営するためには、個々の農産物を生産する開発生産性、つまり何人日で作れるかが重要になってきます。

栽培プロジェクト進捗管理の「栽培プロジェクト作業の監視コントロール」の際に目標となるのは、AHSに記載された生産工数と栽培スケジュールです。

さらに、栽培プロジェクト・リスクの多くが、AHSの中に包含されていることに注意しなければなりません。

多くの失敗した栽培プロジェクトで原因に挙げられるのが、栽培プロジェクト途中での農産物開発規模の増大があげられます。

これは生産する野菜などの生産工程数が増加することを意味しますが、AHS上では栽培プロジェクト農産物の個数の増加を意味します。

農産物の種類が増加すれば、栽培プロジェクト進捗管理の評価軸である、生産スケジュール・ベースラインが破壊されます。

この増加が農作物を作るときに開発生産性の低下を引き起こし、両者が相まって、栽培プロジェクトは失敗へと向かうのです。

生産する農産物の増加という栽培プロジェクト・リスクは、最も頻繁に発生します。

このリスクを把握するためにも、計画値であるAHSが実態を表しているかどうかを、常に評価する必要があります。

栽培プロジェクト計画書の承認をもらうときには、品質管理の役割を担う承認者に対して、栽培プロジェクト生産工数見積もりの説明をします。

その際、栽培プロジェクト・マネジャーは次開発フェーズの実現性を証明するべきです。

それには、次開発フェーズのAHSを提示することが一番だといえるでしょう。

そこに記載してきた数値が全開発フェーズの農産物からの見積もりで正しく、農産物開発生産性が他の栽培プロジェクトのそれと比較して遜色がないなら、自信を持って「この栽培プロジェクトの生産工数見積もりは実現可能です」と報告できるのです。