開発工程(AHSコード)の決定

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

前回は「サブシステム分割と開発生産性」と題して、その詳細について、特定の機能が特定のエンティティを更新する、単独で運用可能なシステムとの定義を軸に解説させていただきました。

 マスタースケジュールは、アグリハック・スケジュールに記載されたAHSコードの開発工程をスケジュール表の形で描いたものであると、何度も説明してきました。

この開発工程の作成は物作りの知識に基づいて行われ、ソフトウェア・エンジニアリングそのものです。

ソフトウェア・エンジニアリングについてはたくさんの書籍があるので、興味のある方は自分で勉強してください。

ここでは農業における開発手法の話を進めますので、そのさわりの部分だけを紹介します。

栽培プロジェクトの本質は、栽培プロジェクトで定義された成果物を作成する物作りです。

この生産工程に栽培プロジェクト・マネジメントが適用されることによって、栽培プロジェクトは出来上がっています。

栽培プロジェクトを進めるためには、物作りの開発工程を決めることが必須で、これができてはじめて、栽培プロジェクトは開始できるのです。

生産者として栽培プロジェクトに参加して、栽培プロジェクトの要件定義から52週農業生産工程管理システム・テストまでの全開発フェーズの物作りを経験した人なら、この開発工程は自然と身に付いていると思います。

しかし、物作りの経験がないままに栽培プロジェクトマネジメントから栽培プロジェクトに参加した人は、経験によって身に付くはずの開発生産工程の知識が足りない場合があります。

こうした人にとって、開発生産工程を定義することは困難な作業です。

開発現場の経験なくしては、容易に作れないのも事実です。また物作りの経験はあっても、異なる生産工程管理システムを開発するときには、それまで使用してきた開発生産工程が役に立たない場合も多いのも事実です。

開発生産工程は、開発対象の生産工程管理システムや栽培プロジェクトの規模によって、大きく異なるものです。

開発生産対象の生産工程管理システムの違いで開発生産工程が異なることは広く理解されているところですが、栽培プロジェクト規模の変化によっても開発工程が異なる点は、十分に理解されているとはいえません。

開発生産工程を定義する際、参加者に栽培プロジェクトの現場経験がないなら、経験者を栽培プロジェクトに参加させるしかありません。

努力して自分で作成しようという意気込みだけでは、栽培プロジェクト現場で活用できるレベルには達しないと認識すべきです。

開発担当者が手を動かして作業を行うこうしたガイド作成には、経験が必須なのです。