PERT図によるマスタースケジュール作成方法

PERT図によるマスタースケジュール作成方法 52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

前回は「ガントチャート作図法の種類」と題して、マスタースケジュールの作図法に入る前に、まずは作図法の説明をさせていただきました。

 このトピックスでは、以前からこれまでに学んだ知識を集めて、52週農業生産工程管理システムのマスタースケジュールをPERT図で描いてみましょう。

マスタースケジュールを描くときには、マイルストーン・チャートを使用して栽培プロジェクトの全体を設計します。

それに基づいてPERT図を描くことになるので、その過程を追って記述しています。

ここから、マスタースケジュールに内存する生産スケジュール・リスクの見積もりから、その対応策の組み込み方までを解説します。

PERT図が描けたなら、マスタースケジュールのすべてを理解できたと考えてよいでしょう。

PERT図にはそれほどまでに内容が詰まっているのです。

PERT図とは

マスタースケジュールを描く前に、ここでPERT図について改めて紹介しておきたいと思います。

大型プロジェクトを遂行したことのある人なら、PERT図を描いた経験を持つ場合が多いでしょう。

その規模なら、マスタースケジュールをガント・チャートで描くのは困難だったはずです。

一方、小型プロジェクトの経験者はPERT図を見る機会が少ないはずです。

小型プロジェクトの経験者もPERT図を描いてほしいという願いを込めて、この次のトピックスからPERT図の紹介から入ります。