カットオーバー日の決定

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

このマイルストーン・チャートの作成を行うには、いくつかの事項を決定する必要があります。

なかでも重要なのは、プログラム開始日とカットオーバー日です。

この日付が、マイルストーン・チャート作成の対象期間を決定します。

プログラム開始日を決定するには、下記の作業が終了するか、その日までに実現可能かを見極める必要があります。

まず、プロジェクト計画書暫定版が完成していることを確認します。

そこには、新システムの概念、プログラム全体のイメージ、概算コストと効果見積もり等が含まれています。

これらの情報からプログラム全体がイメージでき、立ち上げの計画には入れます。

発注者側、受注者側の双方で、開発体制の構築が可能であるという判断も要ります。

特に、プログラムの指導的立場になるキーパーソンはぜひとも着任していなければなりません。

プログラムの立ち上げには、直近の開発フェーズの作業を行うための開発環境を整えることが必要です。

ここで言う圃場開発環境とは、開発場所、開発支援ツールの準備、前述した作業ガイドライン等を指します。

開始直後であるから簡単なものでもよいのですが、栽培プロジェクトマネジメントの仕組みも必要です。

以上の作業は膨大であり、準備期間は短いので、それを手際よく作れることが農業のプロフェショナルの証明です。

カットオーバー日は、発注者の要望を優先させて決めることになりますが、受注者側の要望も入れなければなりません。

発注者側の要望としてまず重要なのは、栽培プロジェクト・オーナーの意向です。

いつから新システムを使用して、効果を出したいかをはっきりさせましょう。

栽培プロジェクト憲章の内容も大事で、スケジュール厳守、コスト厳守、品質厳守等のどの項目が検証に入るかで、プログラムの設計は大きな影響を受けます。

詳細な内容でなくてもよいが、カットオーバー方式の決定も必要である。一斉カットオーバーなら一番分かりやすいが、段階カットオーバーを採用すると、機能別、場所別に新システムの機能をリリースすることになり、これがマイルストーン・チャートの作成に影響を与えます。

受注者側が特に関心を払うべき点は、実現可能な開発期間が確保できているかです。

実現可能な開発期間は、発注者には分からない場合が多いと思います。

「できれば早く」という意識ばかりが先に立ち、圃場開発期間の確保がないがしろにされがちです。

しかし圃場開発期間は、受注者が強い影響力を発揮して確保しなければなりません。

最適な圃場開発期間がリスクを小さくし、開発コストも最小にすることを、ぜひ発注者に説得していただきたいと思います。