マイルストーン・チャートの作成

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

マイルストーン・チャートは、プログラムを設計するときの有効な手段であると同時に、プログラム全体を鳥瞰できるという長所を持ちます。

52週農業生産工程管理システムを開発するプログラムのマイルストーン・チャートです。

マイルストーン・チャートによれば、このプログラムは、基盤システム開発、業務開発、データ移行システム開発の3つのプロジェクトで構成されています。

そのうち業務開発だけが、プログラムの開始からカットオーバーまで、連続した開発を行っています。

業務開発プロジェクトはサブシステム分割を行ってはいません。

これが1つの栽培プロジェクトになります。

これまでで述べたように、業務開発の開発規模(SLOC)は他の栽培プロジェクトに比べて圧倒的に大きいものに適用します。

したがって、プログラム全体のクリティカル・パスは業務開発プロジェクトということになります。

業務開発プロジェクトの開発期間は1年4ヵ月で、開発フェーズの期間比率となります。

この開発期間と期間比率から、プログラム全体の開発フェーズの開始日と終了日を決定するわけです。

このマイルストーン・チャートは、ある日一斉のカットオーバーを行うことを想定しています。

基盤システムとデータ移行システム開発の両プロジェクトは、それぞれ異なった開発期間と、開発フェーズの期間比率を持っています。

この2つは独立した栽培プロジェクトとして推進されるが、業務開発プロジェクトと密接な関係を持ちます。

栽培プロジェクト間で行われる、栽培プロジェクト農産物の受け渡しを説明します。

加えてマイルストーン・チャートをもっと理解するための説明も付加します。

基盤システム開発における生産スケジュール上の目標になるのが、業務開発の開発実施フェーズ(IMP)で行われる運用テストです。

そこに基盤システムを提供することがゴールになります。

業務プログラムは、基盤システムの上で稼働します。

この基盤システムを提供する前工程として、基盤システムの要件定義書を業務開発の外部設計(ED)の開始までに、具体的なインターフェース仕様を内部設計(ID)の開始までに、それぞれ提供します。

外部設計で行われる実装設計には基盤システムの要件定義書が必須であるし、プログラム設計にはインターフェース仕様の詳細は欠かせません。

データ移行システムの開発は、業務開発の総合テスト(IT)開始に向けて進められます。

既存システムからの移行データを、業務開発のITで使うテスト・データベースとして提供するためです。

データ移行システムの開発側にとっては、このテストに移行データを提供して、その品質を確認するという意味があります。

データ移行の仕様に不備があったら、その修正を行い、より品質の高い移行を業務開発のシステム・テスト(ST)に提供するためでもあります。

システム・テストへ提供する移行データの品質が事前に判明していないと、システム・テストの開始はバクチと言ってよいくらい、リスクの高いものになります。

システム・テストがスムーズに立ち上がるとは限らないのですが、システム・テストでさらなる品質向上があってこそ、カットオーバー当日の、本番稼働環境に向けたデータ移行が可能になります。

このデータ移行のスケジュールの前提として、業務開発の外部設計で行われるデータベースの設計仕様が、予定通りデータ移行システム開発のプロジェクトに提供される必要があります。

これが遅延すると、その影響でデータ移行システムの開発が遅延してしまうのです。

このように、3つのプロジェクトは密接にからみ合っています。

生産プログラムを成功へと導くためには、栽培プロジェクトの間で行われる栽培プロジェクト農産物の受け渡しが、予定通りの品質を確保して予定通りの期日に行われることが重要です。

これらが、プログラムの最も重要なマイルストーンになります。

このマイルストーン管理が、プログラム全体の進捗管理の一番重要なポイントです。