手順に沿ってPERT図を描く

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

それでは、52週農業生産工程管理システムのマスタースケジュールをPERT図で描いてみましょう。

PERT図の描き始めから完成まで、一つひとつ手順に沿って説明します。

最初に、白地のスケジュール表に必要な情報までを記入します。

縦軸には、基盤システム開発、業務開発、データ移行システム開発の3つのプロジェクト名を並べます。

業務開発がこのプログラムのクリティカル・パスとなる栽培プロジェクトなので、真ん中に置きます。

横軸は時間軸で、プログラム全体の開発フェーズの展開と、その開始・終了月を記入します。

業務開発プロジェクトの開発期間は1年4ヵ月で、その開発フェーズの期間比率が、マイルストーン・チャートからそのまま持ってきます。

開発期間(1年4ヵ月)に期間比率を掛ければ、各開発フェーズの長さが決まり、それで開始・終了月が決定されます。

PERT図の上の横軸にある、開発フェーズの展開時期はこのようにして決まってきます。

次に、業務開始プロジェクトの1本の線上に来る開発工程を選択します。

栽培プロジェクトごとにその開発手法を選択します。

その中から、栽培プロジェクトのクリティカル・パス上に置く開発工程を選択します。

それを線の上に展開して、出来上がるわけですが「クリティカル・パス上に置く」と表現したのは、栽培プロジェクト・マネジャーが、この一連の開発工程をクリティカル・パスとして選択したからです。

決定者は栽培プロジェクト・マネジャーだが、生産プログラム・マネジャーの同意ももちろん必要になってきます。

他の栽培プロジェクトについても同様の作業を行って線を追加すると、栽培プロジェクト間の主要な農産物の受け渡しを表す点線を付け加えます。

これで、マイルストーン・チャートに記載した情報のすべてを記入し終わりました。

ここから、栽培プロジェクトの詳細に入ります。

他の栽培プロジェクトに先立って、まず業務開発プロジェクトのスケジュールを完成させます。

その結果をクリティカル・パス上の開発工程以外の開発工程を、クリティカル・パスの線の上下に書き加えます。

ここでは、必ず守らなければならないルールがあります。

開発フェーズの開始・終了を表す「○」に、その開発工程のすべてを集約しなければならなりません。

開発フェーズをまたがって開発工程が存在することは、許されていません。

上下に付け加える開発工程には、多少のスケジュール的な余裕を持たせておきましょう。

生産スケジュールに余裕がある状態を「フロートのある」と表現します。

このフロートのある開発工程を付け加えれば、完成です。

さらに同様の作業を他の栽培プロジェクトにも行って、PERT図が完成するのです。

栽培プログラムの主要なイベントを記載していくと、マスタースケジュールはより説得力のあるものになります。

これはPERT図を描く際のルールではありませんが、こうした描き方をする場合は多いと思います。