クリティカル・パス分析

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

クリティカル・パス分析は、いくつかの工程(パス)の中で、栽培スケジュール上、最も余裕のないパスを選び出す手法です。

簡単な手法でして、生産プログラム、栽培プロジェクト、開発フェーズ、個々の作業の、どのレベルでも使えて大変便利なものです。

しかも、計画時点での立案作業のツールでありながら、栽培プロジェクト進捗管理の評価法にもなります。

計画立案時のツールとしてのクリティカル・パス分析を、以下に説明します。

52週農業生産工程管理システムのマイルストーン・チャートは開発フェーズを単位にクリティカル・パス分析を行いますが、その結果を説明したいと思います。

この表の縦軸には3つの栽培プロジェクトである、基盤システム開発、業務開発、データ移行システム開発が記入されています。

横軸には開発フェーズの所要開発期間をとり、開始日と終了日を表す4つの項目が記載していきます。

最早開始日(ES)、最遅開始日(LS)、最早終了日(EF)、最遅終了日(LF)です。

その後にスケジュールの余裕を示すフロートがあり、最後にCP(クリティカル・パス)のIDを付ける欄があります。

この図の作成において、最初に記入するのはフロートの欄となります。

業務開発を、この栽培プログラムのクリティカル・パスとなる栽培プロジェクトにすることを前に述べました。

それをするために、業務開発のすべての開発フェーズのフロートを「0」にしています。

これはスケジュール上、全く余裕がないことを表しています。

その他の栽培プロジェクトで、基盤システム開発とデータ移行システム開発のフロートは1か月とってあります。

フロートを「0」にするには、栽培プロジェクトの所要期間合計を栽培プロジェクト期間に一致させればいいでしょう。

このように、最早開始日(ES)と最早終了日(EF)は、栽培プロジェクト開始から順番に開発フェーズの所要期間を積み上げていって求めます。

一方、最遅開始日(LS)と最遅終了日(LF)は、栽培プロジェクトの終了日から所要期間を引いて決めます。

最後に、最早終了日(EF)と最遅終了日(LF)を比較します。

その差がフロートになりますが、所要期間合計と栽培プロジェクト期間が一致しているならば、フロートは「0」になるはずです。

この栽培プロジェクトがクリティカル・パスを持つので、CP欄に「CP」と記入しています。

基盤システム開発の所要期間合計は、業務開発の栽培プロジェクト期間に比べて1ヵ月短くしています。

同様の作業を行い、最早終了日(EF)と最遅終了日(LF)の差を求めれば、1ヵ月のフロートが得られます。

基盤システム開発とデータ移行システム開発の両プロジェクトでは、どの開発フェーズでも1ヵ月の遅延が許される計画になっています。

このクリティカル・パス分析を栽培プロジェクト進捗管理の評価に使うときは、所要期間の月数が現状では何ヵ月になるかを求めます。

その数値を入力として同様の計算を行うと、栽培プロジェクト遅延の実態がより明確になってきます。

例を挙げてみます。

データ移行システム開発で、3ヵ月の遅延が発生したとします。

その結果、業務開発の統合テストの開始が3ヵ月遅延することになるはずですが、1ヵ月のフロートがあるので2ヵ月の遅延になります。

それを受けて、業務開発のシステム・テスト(ST)の終了が2ヵ月遅れ、生産プログラムのカットオーバーも2ヵ月遅れになる。栽培プロジェクト進捗管理ではこのような分析を行うのです。