ガント・チャートとプレシデンス・ダイアグラム(PDM)

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

ガント・チャートは、IT業界で最も使用頻度の高いマスタースケジュールの作図法です。

わたしの経営する農業生産法人でも積極的に利用しています。

栽培プロジェクト・レビューを行うと、そこで出されるマスタースケジュールの大半がガント・チャートです。

しかし、体裁はガント・チャートであるが、作図ルールにきちんと準拠したものは少ないのが現実です。

いままで述べたPERT図と同様、マスタースケジュールの作成法や作図法も、十分な研修がされていないようです。

もう1つの作図法であるプレシデンス・ダイアグラム(PDM)は、作成者の意図を相手に送れる、分かりやすいスケジュール表です。

これを使ってマスタースケジュールを描くことは少ないのですが、限られた範囲の現場での作業展開には向いた図です。

このトピックスでは、ガント・チャートとプレシデンス・ダイアグラムそれぞれの、作図法を説明すします。

両方ともに作図ルールに曖昧さがあり、市販のプロジェクトマネジメント・ツールを使って描く際、ツールによって作図ルールが異なる場合が多いのです。

さらに、栽培プロジェクトの現場で独自の工夫が行われた結果、多様な作図ルールが出来上がっています。

そこで、多くの方にとって違和感のないように、中核の作図ルールに絞って解説することにしたいと思います。

これから数回にわたって紹介していきます。