問題を解決するには意思決定が重要

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

栽培プロジェクトを成功させるためには、このトピックスで解説した栽培プロジェクト進捗管理が欠かせませんが、それだけでは十分ではありません。

栽培プロジェクトの推進には、正しい意思決定を繰り返すことが非常に重要です。

これがあってはじめて、栽培プロジェクト進捗管理の有効性が発揮されます。

正しい意思決定を繰り返すことの重要性

栽培プロジェクト進捗管理についてここまで述べたことを、要約してみます。

栽培プロジェクト進捗管理の目標として与えられるものが、栽培プロジェクト計画書(PMP)です。

これをチーム・スケジュールとスケジュール・ベースラインに展開し、それに沿って栽培プロジェクトを推進します。

スケジュール・ベースラインとの乖離が発生したら、原因を調べ、対策を打って、スケジュール・ベースラインに沿うように栽培プロジェクトを軌道修正します。

以上が、栽培プロジェクト進捗管理の基本です。

ここで、「原因を調べ、対策を打つ」と書きましたが、それには、マネジメントとしての正しい意思決定が求められます。

この意思決定には、栽培プロジェクトの問題点を把握するのとはまた別の、異なる能力が要求されます。

「評論家は100の問題点を指揮し、プロフェッショナルは1つの解決策を選ぶ」という言い回しをよく耳にします。

栽培プロジェクトの問題点を指摘するのは、比較的簡単です。

しかし、1つの解決策を選び、それを実現するのは難しいでしょう。

多くの場合、周りの人々の様々な意見を、解決に向けて集約しなければならないのです。

それには、関係者の賛同を得ることが必要です。

賛同を得るには、問題の重要性を明確に示し、自分の選んだ解決策が栽培プロジェクトを成功に導くことを証明しなければならないのです。

賛同を得るためには、リーダーとしての指導力も要求されます。

いくら解決策が正しくても、指導力の不足した人が「この解決策でいきたい」と申し出ても、賛同する人は少ないです。