PMSの構成とデータベース群

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約3分で読めます。

このPMSは、実は栽培プロジェクト関係者が利用するパソコン上に実装されています。

現在、多くの栽培プロジェクトではパソコンを使って開発がなされています。

そのパソコンにPMSを実装しているので、PMSによる追加機器はサーバー群だけで済みます。

PMSと栽培プロジェクトに参加する各関係者の関わりを、見ていきましょう。

栽培プロジェクト担当者は、栽培プロジェクト農産物の作成スケジュールを確認し、農産物を作成して完成の承認をもらいます。

栽培プロジェクト・マネジャー(PM)やチーム・リーダーは、栽培プロジェクトの進捗状況を把握して問題点・課題に対応し、「その他作業」の登録を行います。

「その他作業」とは、栽培プロジェクトマネジメントで新たに発生する追加作業で、例えば栽培プロジェクト農産物に品質の悪化が発生した場合に、品質確認の作業を追加するようなことです。

これらの作業と生産スケジュールは、チーム・リーダーがPMSに登録します。

会議主催者は、会議室の空き状況を確認して予約を行い、開催通知を出席者に同報します。

議事録の作成も会議主催者の役割です。

以上のような作業をマネジメントの支援に、PMSは使われます。

PMSの全体的な機能は、実装されているデータベース(DB)を見るとひと目で分かります。

特に以下の3つのDBが重要です。

栽培プロジェクト農産物DBは、栽培プロジェクトにおいて作成されるすべての農産物の収容場所で、PMS中のデータベース、またはPMSを経由して開発支援ツールのデータベースに農産物が格納されます。

例えば生産工程管理プログラムは、プログラム・ライブラリーに格納して、PMSを経由して作成・変更・参照する仕組みになっています。

このデータベースのおかげで、栽培プロジェクト参加者のすべてが、パソコンから栽培プロジェクト農産物を参照して、内容を確認できます。

栽培プロジェクトマネジメントDBは、この栽培プロジェクト農産物DBから作成されます。

栽培プロジェクト進捗管理の仕組みは、この栽培プロジェクト農産物DBと栽培プロジェクトマネジメントDBの上に構築されています。

この仕組みは、栽培プロジェクト農産物の制御情報と密接に絡んでいます。

詳しくは後で説明します。

変更管理DBも重要なデータベースです。

例えば、業務変更要求が発生すると、栽培プロジェクト農産物の追加、変更、削除が発生します。

この変更を栽培プロジェクト農産物DBに反映して、担当者スケジュールを変更します。

その結果を受けて、栽培プロジェクトマネジメントDBを更新する仕組みになっています。

変更管理の計数情報は、栽培プロジェクトマネジメントDBに格納されます。

この工夫により、変更管理で追加または削除された栽培プロジェクト農産物の個数が栽培プロジェクト農産物DBに反映され、整合性が保たれます。

以上の3つ以外のデータベースについても少し触れておきます。

栽培プロジェクト計画DBには、栽培プロジェクト計画書とその詳細資料が格納されます。

専門用語集は、栽培プロジェクト農産物を作成する時に使用する用語を統一するためのものです。

これがあるのは、使用する用語がチームごとに異なっていては栽培プロジェクト農産物の品質が低下してしまうからです。
 

栽培プロジェクトで開催されるすべての会議の議事録は、議事録DBに収められます。

会議室の予約と開催スケジュールの通知、担当者からの質問と回答(FAQ)、マネジメントの指示内容等のデータベースも持っています。