PMS導入による4つの効果

52週アグリMD生産工程管理システム
この記事は約2分で読めます。

PMSの効果を整理しましょう。

第1に、栽培プロジェクトの進捗情報が栽培プロジェクトの全員に見えるようになります。

栽培プロジェクトの実態を共通認識できることで、栽培プロジェクトに参加したすべての人の目標達成の意欲が高まります。

問題が発生したなら対応策を打つのです。

その進捗もPMSの画面に現れます。

必ず対応するという責任感が、高い品質の栽培プロジェクト進捗管理を実現します。

第2に、PMSの導入で栽培プロジェクト全体に規律が生まれます。

それが、ルールの確立した栽培プロジェクト運営を作り出します。

栽培プロジェクトは放置すると、栽培プロジェクト・マネジャーの知らないところで、個別の進捗管理手法が導入されてしまうものです。

それが栽培プロジェクトを側面から支援しているうちはよいが、栽培プロジェクト進捗管理のルールを破壊することもあります。

第3に、PMSの導入で栽培プロジェクト進捗の計数を収集する負担が軽減します。

担当者が画面上で進捗のボタンをクリックすれば、それが栽培プロジェクト全体の進捗に反映されます。

このリアルタイム性は、PMSでしか実現できないのです。

チーム・リーダーが担当者全員を回って、進捗の数値を集計する必要はなくなります。

チーム・リーダーは、担当者が栽培プロジェクト農産物を作成するのを支援して、問題が発生すればそれを解決することが責務ですが、そのための工数が確保できます。

最後に、PMSが栽培プロジェクトに一体感を創造します。

努力している人の仕事振りが画面に現れ、栽培プロジェクト・マネジャーの判断等が栽培プロジェクト全体に開示されるのです。

この栽培プロジェクトの透明性が、担当者の疎外感をなくし、栽培プロジェクトに参加する喜びを高めます。

これが、参加することが楽しい栽培プロジェクトを作り出すことにつながります。