≪鉄コーティング≫適期収穫

10倍儲かる水稲「鉄コーティング栽培」
この記事は約1分で読めます。

ここでは適期収穫をすべき意味と時期の目安について説明します。

1.適期収穫の意義と目安

☐高品質、良食味米生産には、適期収穫が不可欠の条件です。

☐早刈りは、青米、未熟粒になり収量が低下し、刈遅れは、着色米、胴割米が増加して品質低下を招く原因になります。

<適期収穫の目安>

・出穂後の登熟速度は、登熟期間の気象条件、とくに温度に左右されて、高温下では促進されます。

・積算温度で 早生「975~1,000℃」中生「1,000~1,050℃」

適期収穫の目安となります。

・立毛胴割れの発生が懸念される場合は、収穫開始を50℃(2日程度)は早めます。

・収穫適期の目安

一穂の黄化籾割合が85~90%になったとき

・直播栽培では、移植栽培に比べ収穫時期が7~10日程度遅くなります。

・苗立数が多いと主稈総葉数が減り、出穂期および成熟期が早くなります。

・倒伏した場合は「追い刈り」または早目に刈り取りします。