野菜に襲い掛かる主な害虫

超多収のためのアグリハック
この記事は約2分で読めます。

 野菜作りにおいて、害虫の防除対策問題は不可欠です。
とくに、低農薬および無農薬を目ざす有機栽培などでは、知識をしっかり身につけて、早めの防除対策を行うことが必要です。

主な害虫

アブラムシ類

対象となる主な野菜/ほとんどすべての野菜

症状/集団で密生し、直接汁を吸って害を与えるほか、多くのアブラムシは、ウイルス病を媒介します。

アザミウマ類

対象となる主な野菜/キュウリ、トマト、ナス、ネギ

症状/葉、茎、果実を吸汁し、跡を残します。
また、黄化えそ病を媒介するので注意が必要です。

ヨウトムシ類

対象となる主な野菜/ダイコン、ハクサイ、キャベツ、ジャガイモ

症状/ヨトウガというガの幼虫で、葉を中心に食害します。

オオタバコガ

対象となる主な野菜/トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、レタス

症状/イモムシ型の幼虫が、葉、茎、果実を食害します。

コナガ

対象となる主な野菜/キャベツ、ハクサイ、ダイコンなどのアブラナ科野菜

症状/イモムシ型の幼虫が、アブラナ科の野菜のみを食害します。

ハダニ

対象となる主な野菜/キュウリ、イチゴ、ナス、インゲン、メロン、スイカ

症状/葉裏から吸汁し、表面は小さな白班を生じます。
高温で乾燥した気候の下で多発します。

マメハモグリバエ

対象となる主な野菜/トマト、ナス、セロリ、サヤエンドウ

症状/幼虫による食害が主。食害された跡は白い線状になります。

センチュウ類

対象となる主な野菜/キュウリ、トマト、ダイコン、ニンジン、ゴボウ

症状/寄生することで根部が膨れてこぶ状になるネコブセンチュウと、根を食害して腐らせるネグサレセンチュウの二つがあります。
連作すると、被害が増大する傾向がみられます。