食物アレルギー

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約1分で読めます。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー(性)疾患に悩み苦しむ人が著増している。

今日の日常診療においてアレルギー疾患は最も重要な対象のひとつとなっている。

アレルギー症例が増加した原因として、生活環境の変化や肉体的あるいは精神的ストレスの増大などとともに、食生活の変化、ことに高蛋白・高カロリー食になってきたことも見逃せないであろう。

食物とアレルギーとの関係については、すでに紀元前に「ある人にとっての食物は、他人の毒となる」と記した書物があり、古くからその因果関係が知られている。

本書は、かかる食物アレルギーに関し、小児科、皮膚科、のお立場からその現状、診断、治療を、実際の臨床に即した形で専門医にお話しいただきそれに内科の立場からのコメントを付け加えて、子どもから成人までのサマリーを試みた座談会をまとめたものである。

うちも食品を扱っている会社としてナレッジを蓄積したい情報である。