農家が教える ジャガイモ・サツマイモつくり

年収1000万の農家になるまでに僕が読んだ100冊の本
この記事は約1分で読めます。

一般的な顕花植物は、花を咲かせて実を着け、種子を拡散して、種を存続しようとする。

しかし、気候変動や自然災害で、うまく定着できないこともある。

そこで、ジャガイモやサツマイモなどは、種子だけでなく、地価の茎や根に養分やエネルギーを蓄えて、次の萌芽期まで生き延びる戦略(栄養繁殖)をとっている。

このような種子繁殖と栄養繁殖の両方を行う食物は、食物の生存には不利な環境条件(ニッチ)に適応してきた食物ということもできる。

イネ科穀物が食料として重要なのは、貯蔵性が極めて優れるからだ。

条件がよければ、常温で20年近くも保存可能である。

ただし、収穫量が天候に大きく左右される。
 

天候の条件によってはたちまち飢餓に直面する。

どんなに科学が発達しても、人間の力では天候や自然災害をコントロールすることはできない。

悪天候や土壌の劣化に強いジャガイモとサツマイモは、そういった点から救荒作物として重要な位置を占め、世界中で栽培されるようになった。

現代では、「生存のための食料」としてだけではなく、「おいしい食品」としてのジャガイモ、サツマイモと価値が高まっている。