鉄コーティング直播栽培の作業

10倍儲かる水稲「鉄コーティング栽培」
この記事は約2分で読めます。

まずは種子を準備しましょう!

去年の残りでもいいですし、農協から購入してもいいでしょう。 

どんな種子がいいのかポイントを説明させていただきます。 

①直播栽培でどういう品種が良いかというと、耐倒伏性や発芽性の強いもの。

これを選べば最適なのですが、各県の奨励や主要品種で、市場性、消費者ニーズの高いものを選びます。

②東北地方や寒冷地は「登熟晩限日を超える晩性品種」は避ける。

③西南暖地は登熟晩限は少ないけど、麦作や野菜作跡地の播種は、なるべく早い方が収量をGET。

④健全な良い種子を選ぶために

  直播栽培は、直接圃場に播種するので、発芽力の強い充実した採種圃産種子(購入種子)を選びます。 

⑤種子の品質が劣る場合など、必要に応じて塩水選をします。

⑥鉄コーティングは、種子消毒しなくても「種子伝染性病害」の発生が少ないといわれています。

浸種作業

①浸種する水温 → 10℃以下では、吸水しても、種子が活性化しない。

  浸種温度   →  15~20℃にする。

②浸種日数と積算温度

  水温15~20℃で3~4日、積算温度で40~60℃にします。

③浸種後、すぐにコーティングしないとき

  ・袋から出して、日陰干しをする。

  ・袋のまま放置するときは、いっかい冷水に浸して、袋内部の温度を下げる。

種子の発芽

種子の発芽メカニズム

吸水した胚から植物ホルモン(ジベレリン)が分泌

          ↓

消化酵素(アミラーゼ)の合成を促進

          ↓

発芽に必要なエネルギーを作り出す

          ↓

代かきは均平で、少し硬めに行う

          ↓

事前に低温発芽性の良否を確認することが大事

水稲の品種によって低温発芽性の「敏」「鈍」があります。

使用品種の特性によって浸種温度を決定します。